『TOKYO MER』唐突な“胸糞バッドエンド”に批判殺到「一気にクソドラマ」

TOKYO MER~走る緊急救命室~  佐藤栞里 

TOKYO MER~走る緊急救命室~  佐藤栞里 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月5日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第10話が放送された。あと1話残しているものの、すでに〝バッドエンド〟が確定し、視聴者からは怒りの声が噴出している。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第10話では、大学で爆破事件が発生する。救助のため駆け付けた喜多見と音羽だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。爆弾を仕掛けた校舎内で重傷者のオペを行う2人だが、SNSの噂を信じ込んだ学生達は喜多見をテロリストと疑う。しかし、喜多見の真摯に人を救う姿勢を見ているうちに、心が動かされていくのだった。

そんな中、喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)の前に椿が現れる。「喜多見に助けてもらった」と名乗る椿から、水筒をもらった涼香だか、実はこれも罠だった。

いきなり死んでしまった佐藤栞里

大学の爆破事件を乗り切った喜多見のもとにやってきた涼香。喜多見は涼香が持っている水筒に違和感を抱き、すぐに投げ捨てて逃げるよう命じる。涼香は言われた通りにしたのだが、その直後、水筒が爆発。この爆発に巻き込まれてしまった涼香は、喜多見の懸命な蘇生措置も空しく、命を落としてしまった。

最終回直前で主人公の妹が死ぬという衝撃の展開。視聴者からは驚きよりも怒りの声が多くあがっており、

《なんでこんな胸糞展開とか後味悪い展開続くの…》
《これはくそ脚本、ムカつく妹だけど殺すことない》
《死者ゼロですが売りのドラマだったのに、死者1出すなら椿で良かったのでは。誰も文句言わないよね。テロリストだし》
《一気にクソドラマに…》
《そこまでしなくていいだろ展開。どう転んでもバッドエンドだから最終話みるのつらい》
《何がどう転んでもハッピーエンドはありえないのでなんかもう…いっそ最終回見なくてもいいのでは…? 私はご都合主義でいつだって死者ゼロでハッピーエンドなMERが好きだった…こんなリアルさは求めてない》

など、涼香を殺した脚本へ非難が集中している。

ハッピーエンドの線が消えたが、最終回はどのようにまとめられるのだろうか。

【あわせて読みたい】