『TOKYO MER』ネットの声に反論?“リアリティーない”セリフの理由とは…

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月5日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第10話が放送された。同時期に放送されている波瑠主演のドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に反論するようなセリフがあった。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第10話では、大学で爆破事件が発生する。救助のため駆け付けた喜多見と音羽だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。爆弾を仕掛けた校舎内で重傷者のオペを行う2人だったが、SNSの噂を信じ込んだ学生達は喜多見をテロリストと疑う。しかし、喜多見の真摯に人を救う姿勢を見ているうちに、心が動かされていくのだった。

学生たちの中には、椿と裏で繋がっているものもいたのだが、喜多見から処置を受けている中で改心。反省の言葉を述べていた。

田中圭「『絶対に助ける』などと二度と口にするな」

問題のセリフがあったのは、負傷した学生を担架で運んでいるときの一幕。喜多見が「必ず助けますから」と声をかけると、医学生は「医者は『必ず』とか『絶対』とか、言っちゃいけないって教わりました」と口に。これに喜多見は「ですね」と肯定しながらも、「でもそう言うとね、患者さんだけじゃなくて俺自身も勇気づけられるんですよ。必ずやり遂げなきゃって」と説明していた。

実際に『TOKYO MER』では喜多見らがそのような言葉を使うシーンは多く、一部の視聴者から「ふさわしくない」とツッコミが寄せられていた。さらに同クールに放送されている医療ドラマ『ナイト・ドクター』の第5話では、田中圭演じる医者が「患者やその家族の前で『絶対に助ける』などと二度と口にするな。医療に絶対はない」と後輩に指導する場面もあった。

「リアリティーがない」と揶揄されてきた『TOKYO MER』による世間への反論なのだろうか。ちなみに、『ナイト・ドクター』では「絶対助けます」と宣言した医者が、手術による後遺症をめぐって訴えられるような展開もあった。それだけに、リスクの大きい言葉であることは間違いなさそうだ。

【あわせて読みたい】