『TOKYO MER』佐藤栞里の“退場”に裏事情? 続編制作のウワサは…

TOKYO MER~走る緊急救命室~  佐藤栞里 賀来賢人 

TOKYO MER~走る緊急救命室~  佐藤栞里 賀来賢人 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月5日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第10話が放送された。この回で佐藤栞里が〝退場〟したのだが、これにはとある裏事情がウワサされている。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第10話では、大学で爆破事件が発生する。救助のため駆け付けた喜多見と音羽だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。

喜多見の妹・涼香(佐藤)の前に現れた椿は、涼香に水筒を渡す。これが実は爆弾であり、涼香は爆発に巻き込まれて死亡。物語としてははじめての犠牲者となった。

続編制作のスケジュールで退場に?

ネット上では、涼香を死亡させた展開に怒りの声が噴出しているが、これにはとある事情が関係しているかもしれないという。

「『TOKYO MER』は予想外の大ヒットを受けて、ドラマ放送開始から早々に〝続編の構想〟が立ち上がりました。しかし、そこに立ちはだかったのは、役者たちのスケジュール調整。人気役者は2年後、3年後までスケジュールが埋まっているというのは、ドラマ業界ではあるある。今回の出演陣の中では、鈴木や賀来のスケジュール確保が特に難しく、続編の構想が難航しているようです。さらに、そんな超売れっ子2人に並ぶほどスケジュール確保が難しかったのが佐藤。多くのレギュラー番組を抱える彼女に連ドラの仕事を入れるのは、針に糸を通すような作業だったため、続編に出演してもらうのは難しい。そのため涼香を死亡させて、続編への出演をナシにしたのではないでしょうか」(芸能記者)

涼香は爆弾ではなく、スケジュールに殺されたというわけか…。

【あわせて読みたい】