チョコプラの『キングオブコント』敗退に「ダサいね」「恥ずかしい」

チョコレートプラネット 

チョコレートプラネット (C)まいじつ 

お笑い賞レース『キングオブコント2021』の決勝進出者10組が発表された。とあるユニットの落選に、ネット上では意見が飛び交っている。

今回決勝進出を決めたのは、『うるとらブギーズ』『蛙亭』『空気階段』『ザ・マミィ』『ジェラードン』『そいつどいつ』『男性ブランコ』『ニッポンの社長』『ニューヨーク』『マヂカルラブリー』の10組。今年からユニット参加が可能となったのだが、ユニット組は準決勝で全滅となった。

ユニット組の中で特に注目を集めていたのは、大人気コンビ『チョコレートプラネット』と、キングオブコント優勝経験者『シソンヌ』のユニット『チョコンヌ』だ。チョコプラの長田庄平は今回の敗退を受けて《な! 枠なんてねーんだよ!  コンちきしょーー!!》とコメント。ネット上で〝ユニットが最低でも一組は決勝に進出する〟とウワサされていたことをきっぱり否定した。

『チョコプラ』にとっては最後の賞レース?

「チョコンヌ」の敗退にはネット上で

《すごい あれだけ大々的にユニット解禁宣言してたのに チョコンヌもおいでやすこがも落としてる》
《知名度で霜降りとかチョコンヌ通したりせずにウケだけで選んだの素晴らしい》
《チョコンヌ決勝行けなかったのね ちょっとダサいな》
《チョコンヌと霜降りが上がってこれなかったの逆に熱いんじゃないか。 コント師の意地というか何というか、 放送楽しみだ》
《チョコンヌこれは恥ずかしいて… 出ん方がよかったよ》
《決勝の面子よりもチョコンヌ敗退ダサっという印象の方が先にきた》
《チョコプラの方は好きだが、制度の不備をついた思い出の夏づくりみたいな記念受験みがあったので、ある意味チョコンヌを落としてくれたのは良かった》

など、好意的な声が多くあがっている。

「優勝者のシソンヌはともかく、まだ優勝経験もないチョコプラがユニットで出場することには、兼ねてから『ただの逃げ』『単体で出るのが怖いだけ』『二度と出なくていい』など批判的な声が多くあがっていました。チョコプラは一度『チョコンヌ』で出場した以上、来年以降も『チョコンヌ』で出場し続けなければ、また批判されてしまうことでしょう」(芸能記者)

もう人気は十分のチョコプラだけに、これで賞レースからは卒業か…。

【あわせて読みたい】