『家事ヤロウ』木村拓哉の“料理”にザワつく視聴者「試練だな」「残してた」

木村拓哉 

木村拓哉 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

木村拓哉が9月7日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)2時間スペシャルに出演。見事な料理の腕前を披露したが、共演者の苦手な食べ物が出たとハラハラする視聴者が続出している。

バカリズムはゲストの正体を知っていたが、木村は『KAT-TUN』の中丸雄一、『メイプル超合金』カズレーザーには秘密で登場した。番組サイドは打ち合わせを重ね、木村が普段食べているメニューをレシピ化。簡単にできるという5品を3人と作った。

朝食用のトーストを作った後に、牛キムチを調理。玉ねぎをオリーブオイルで炒め、塩を振り、えのきやしめじも加えた。木村は「フライパンでキムチも炒めちゃうと思うんですよ。僕が作るときはキムチは一緒に炒めません!」と宣言。「食べるときに一緒に(キムチを後から加える)っていうことが多いですね」と語った。

カズレーザーの苦手なキムチがメニューに…

オリゴ糖を加えて味を調え、炒め終えた肉に、ごま油を混ぜたキムチを後のせして完成。木村いわく、キムチを加熱して乳酸菌が減るのを避けようと、食べる直前にのせているという。

カズレーザーは小皿にのったキムチを牛肉にのせ「ああ、うまあっ!」とおいしそうに食べていた。ただ食後、テーブルを見ると炒め物は完食したものの小皿のキムチは残っていた。これを見て視聴者はザワザワ。カズレーザーはかつて、複数の番組でキムチが苦手だと話していた。視聴者は苦手なものがメニューに出てきたものの、ゲストに気をつかって言い出せずにいたのではと心配している。

《カズレーザー、今日は試練だな》
《キムチ大嫌いやのにキムタクが作った料理やから嫌いとか言わずに、美味しいって言って食べてるのえらいw キムタクに出されたら食べるしかないよなw》
《キムチ苦手なのに頑張ってる キムタクに出されたら食べるしかない》
《キムチ苦手なのを言い出せないカズさん》
《カズくんキムチしっかり残して、お肉しっかり残さず。一口キムチ食べてえらい!》
《カズさんキムチだけ残してた》

カズレーザーは苦手を克服したのか、それとも…。

【あわせて読みたい】