鈴木紗理奈『波物語』痛烈批判も…音楽イベントに出演「身勝手すぎない?」

鈴木紗理奈 

鈴木紗理奈 (C)まいじつ 

タレントの鈴木紗理奈が9月7日に、自身のインスタグラムを更新。音楽イベントへの参加を表明し、物議を醸している。

鈴木はインスタで、《9月18日に開催される渋谷レゲエ祭ですが、ガイドラインに沿った形で有観客と無料配信にて、変わらず開催を予定しているとの事で、私も今のところ出演させていただく予定です》と報告。

続けて《開催されるまでまだ日にちがあるので、当日まで主催者の方が開催の判断をされるのか、私が出演させていただくのか、まだ決定ではありませんが今の段階でわたしが主催者側から頂いた説明をここでも共有しておきます》と明かし、収容人数やソーシャルディスタンス、アルコール禁止のルールなどについて説明した。

この報告に、フォロワーからは

《紗理奈さんのしっかりした考え方に共感しました。無事に開催されますように》
《レゲエ祭りで紗理奈さんみたいです! 対策がしっかりされているなら安心ですね》
《きちんと対策をとれば安全に行えることを証明したい!との想いに共感します。フェス開催に批判的な意見が多いなか、紗理奈さんの勇気ある発言をこれからも応援していきます!》

などといった声が寄せられている。

たしかに『NAMIMONOGATARI』はダメだったけど…

一方で鈴木は、クラスターを発生させた『NAMIMONOGATARI2021』に対し、「主催者がきっちり信頼関係を持って守ってもらわないと防ぎようがない」「もう誰やねん、出てこい。ちゃんと表に出てきて話をしろよ」と激怒していることから、そもそもイベントに出演すること自体に疑問の声があがっている。

ネット上では

《他人が同じような事をやれば批判するのに、自分が関わると肯定する。身勝手すぎないか?》
《どんなに主催者がきちんと対策するといっても、一部の不届きな観客がやらかす可能性もある。今は出演するべきじゃないだろ》
《会場アナウンスでは「不正な行為を見つけたらライブを即中止します」と言ってますが、中止になった事なんてありません。レゲエ祭りが100%大丈夫だと言い切れますか?》
《波物語のようにやりたい放題の状態になると、スタッフ側でのコントロールは実質不可能ですよ。いっそ出演しないほうがいいと思いますが》
《緊急事態宣言も延長だろ。つべこべ言ってないで中止にしろよ!》

などと、厳しい指摘が相次いでいる。

きちんとしたコロナ対策がとられるならば、イベントに参加したいという鈴木の気持ちも分かるが、一部の不届き者がルールを破れば、『NAMIMONOGATARI』の二の舞になりかねない。今は自粛する方が賢明だと思うのだが…。

【あわせて読みたい】