『スッキリ』“ジェンダーレス”ファッション特集が物議「性別にとらわれてる」

加藤浩次 

加藤浩次 (C)まいじつ 

9月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)は、ジェンダーレスファッションを特集。ツイッター上でトレンド入りするなど、大きな話題になっている。

この日、番組では近年、急増している性別を問わないファッションを特集。ファッションブランド『GU』が、ジェンダーレス、エイジレスな商品を展開することを紹介した。

MCの加藤浩次は「すでにいろんなブランドでジェンダーレスファッションといいますか、男女混合、分けないという考え方が増えてきている。男性が持ってる服って、ちょっと大きめにした服を女性が着るっていうのもすごい増えてたり、親父服っていってお父さんが持ってる服を娘が着るっていうのがここに繋がってるのかな…」としつつ、「スカートっぽいのを男性が着ていてもそんな違和感がない。そういう時代になり始めているというよりかは、なってきているということですね」とコメントした。

番組ではモデルで俳優のゆうたろうや、お笑いタレントの木梨憲武が、ジェンダーレスファッションがいかに多様性に溢れているかを紹介する様子が放送された。

視聴者からは

《これも時代の流れか。将来的に男女の服装の違いもなくなっちゃうんだろうなぁ》
《最近、スカート履いている男子をよく見かける。これもジェンダーレスが浸透している証だろうね》

などといった声が寄せられた。

性別にとらわれるジェンダーレスという価値観

しかし一方で、年齢や性別にとらわれないといいながら、わざわざジェンダーレスとカテゴライズすることに疑問の声もあがっており、ネット上では

《ファッションなんて、もともと好きな服着るもんだろ? わざわざジェンダーレスとか言う事が間違ってる気がするわ…》
《「ファッションから男女の枠組みを外す」といって、新たにジェンダーレスファッションっていう枠組みを作ってるから失笑》
《ジェンダーレスといいながら、性別にめちゃくちゃとらわれてるのが笑うな。好きなもん着ればいいじゃん》
《太ったおじさんがスカートはいてたらさすがにヤバイだろ。何でもかんでもジェンダーレスで括らないでほしい》

などと、厳しい指摘が相次いでいる。

たしかにファッションは基本的に自由であることは間違いない。今後、男性がプリーツスカートを履いていても〝普通〟という価値観が共有されていくかもしれない。

【あわせて読みたい】