『彼女はキレイだった』中島健人の“イチャイチャ”にファン発狂「号泣してる」

彼女はキレイだった  小芝風花  中島健人 

彼女はキレイだった  小芝風花  中島健人 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月7日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第9話が放送された。イチャイチャ描写が頻発したことで、ジャニーズファンのメンタルが大いに揺さぶられたようだ。

子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。そんなある日、冴えない太っちょ少年だった初恋の相手・長谷部宗介(中島)と再会してファッション誌編集の同じ職場に。今やすっかりダサくなった愛は自分の素性を隠すことを決意、一方でイケメンエリートとなった宗介は、〝最恐毒舌〟副編集長として猛威を振るっていく…。

第9話では、晴れて付き合うことになった愛と宗介がひたすらイチャイチャする。過労で倒れて病院に運ばれた宗介のもとに愛がお見舞いに来ると、宗介は愛をベッドに引きずり込んで長めのキスを交わした。

さらに退院後、わずかなスキを見つけて愛と宗介は一緒にお弁当を食べるなどして、新たな恋を満喫する。宗介は愛に対して、チャンスがあれば頬や額にキス。とにかく愛にデレデレしていた。

「私はもう虫の息よ…」と嘆くファン

夜に一緒に公園でバスケットボールをするシーンでも、2人のイチャイチャは止まらない。ハグやキスを繰り返した挙句、愛は宗介におんぶされたときにもそのまま後ろから頬にキス。とにかくキスの多い回となっていた。

多くの中島ファンはこの回にキュンキュンしたようだが、〝ガチ恋〟勢からは嘆きの声もあがったようだ。あまりにも多すぎるイチャイチャシーンに

《健人担の友達がもう耐えれないって号泣してる》
《ねぇ…健人担、生きてる?(生存確認) 私はもう虫の息よ…》
《健人担これ大丈夫かよ!? 自担がこれやってたらうち心臓持たんぞ》
《健人担の友人が一生電話越しに発狂してる》
《イチャコラシーンマジしんどいむり生きれん健人くん~! たすけて!》
《健人くんだから笑って見れるけどこれが勝利くんだったら無理かも》

といった反響が起こっている。

次回の最終回は〝一部生放送〟とあるが、ファンは「生キス」を予想してすでに発狂している。果たしてどうなってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】