『プロミス・シンデレラ』二階堂ふみの“衣装”にツッコミ「なんでいつも…」

プロミス・シンデレラ  二階堂ふみ 

プロミス・シンデレラ  二階堂ふみ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月7日、二階堂ふみ主演のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の第9話が放送された。最終回を目前にして、二階堂の〝定番衣装〟に注目が集まっている。

主人公の桂木早梅(二階堂)は、結婚1年足らずのある日突然、夫から一方的に離婚を切り出されてしまい、バツイチの無一文、無職、宿無しになってしまう。そこへ有名旅館の息子で、金持ちのイケメン高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)が現れ、ただで泊めてやる代わりに〝リアル人生ゲーム〟をやろうと持ち掛けられる。悪趣味なゲームに早梅は腹を立てるが、とある事情で背負ってしまった借金返済のため、参加せざるを得ない状況になってしまう。

第9話では、壱成から突然キスをされた早梅はよく眠れず、ドキドキしたまま翌朝を迎える。壱成の態度に困惑しきる早梅だが、壱成は「おまえの気持ちをちゃんと聞かせてほしい」と告げ、しっかりと愛の告白をした。「ずっと弟みたいな感覚だったし」と答えをはぐらかす早梅だが、壱成からのアプローチは止まらない。

ノースリーブコレクター早梅にツッコミ続出!

「抱きしめていい?」「弟だって思ってんなら余裕だろ?」と壱成が迫ると、早梅は戸惑いながらこれを受け入れる。壱成からは「それ、弟に向ける顔じゃなくね?」と指摘されてしまうのだった。

早梅が壱成との恋に一歩踏み出せないのは、相手が10コも下の高校生だから。ネット上では早梅に共感の声が多く寄せられているが、それと同時に服装に関する指摘も。早梅はなぜかいつもノースリーブを着ており、壱成にハグされるときもノースリーブであった。ノースリーブ率の高さに

《いつもノースリーブだ》
《なんで早梅さんいつもノースリーブなん》
《早梅さんノースリーブしか持ってないの?》
《早梅はいつもノースリーブばっか着てる。二の腕細いのうらやま》
《ゴードンの年齢じゃまだ腋フェチじゃないな》

といったツッコミが寄せられている。

ちなみに、次週の最終回予告でも早梅は2種類のノースリーブ服を着ていた。なにかこだわりがあるのだろうか。

【あわせて読みたい】