『NiziU』の“特典商法”にファン悲鳴「買うか迷うレベル」「エグい」

(C)Nikola Spasenoski / Shutterstock 

日本と韓国の合同オーディションプロジェクト『Nizi Project』から生まれた、9人組グローバルグループ『NiziU』。待望のファーストアルバム『U』の発売が発表されたのだが、特典の多さにファンから悲鳴があがっているようだ。

アルバムがリリースされるのは、デビュー1周年を目前に控えた11月24日。DVDが付属した「初回生産限定盤A」、特典CDとブックレットのついた「初回限定盤B」、「通常盤」の3パターンが発売予定で、ファンには嬉しいトレーディングカードも封入される。

また、他にもオフィシャルファンクラブやモバイル会員限定の「WithU盤」もリリース。加えて、アルバムを購入した店舗によって〝限定特典〟も異なるとのこと。『楽天』『Amazon』『HMV』で購入すると、ポスターやメッセージ入りクリアカードなど、それぞれ異なる豪華特典が用意されている。他にも「3パターン同時購入」によるスペシャル特典があるようで、ファンなら全てチェックしておきたいところだ。

日本の音楽文化を死滅させた特典商法

彼女たちにとって初のアルバムということもあるのか、運営側の気合いが感じられる特典の数々。しかし全てコンプリートしようとすると、数万円は軽く飛ぶため、二の足を踏んでしまうファンは少なくない。ネット上には、

《相変わらず特典の数えぐいえぐい…》
《結局、NiziUのアルバムはどこで買えばいいの? 特典多すぎ無理なんだが》
《お金えぐい飛ぶやん。店舗特典の量えっっっぐ(笑)》
《特典スゴすぎwww 聴きたいけど買うか迷うレベル》
《NiziUのアルバムの特典の付け方えぐすぎ。途中で特典のお知らせ読むのをやめたくらいえぐい》
《お金いくらあっても足りん。もう積みたくない》

といった悲痛な叫びが続出している。

「アルバム購入者には〝オンラインイベント〟への参加資格も。メンバー全員のサイン会や個別サイン会、全員&個別ハイタッチ会とさまざまなパターンが用意されており、その全てが抽選。このイベントへ参加しようとするならば、投資金額は相当なものになるでしょう」(芸能ライター)

ファンの〝愛〟をお金で可視化する特典商法。〝Make you happy〟な方法でファンを喜ばせてほしいものだ。

【あわせて読みたい】