ゲス・川谷絵音の“電車マナー”に批判「普通に座れよ」「図々しい」

(C)STUDIO GRAND WEB / Shutterstock 

グループ名通りのゲスな人格だった不倫の盟主『ゲスの極み乙女』のボーカル・川谷絵音が、ネット上で失笑されている。

9月7日、川谷は自身のインスタグラムを更新し、モデルの佐田真由美を嫁に持つマルチクリエイター・野村訓市と電車内で談笑する画像を投稿。本文には《くんいちさんと喋ってるとこ撮られてた》と一言だけ添えたほか、《ファッションショーです》と謎のハッシュタグも用いた。

画像内の川谷は、感染防止効果の薄い布タイプと思われるマスクを着用し、ニタニタとした笑顔を浮かべている。さらには、腕と脚を組んだ大きな態度で、自身が世界的ミュージシャンであることを周囲の乗客に誇示するかのようだ。ネット上でも《「フン…俺はたまたま電車に乗っているだけ。こんな一般国民の乗り物は似合わない。普段は絶対に使わないからな」という心の声が聞こえてきそう》とのアテレコが寄せられている。

足を組んだ乗車マナーに苦言「普通に座れよ」

ゲスオタクはこれに

《え、普通に乗るんですか》
《この電車乗りたい》
《何気ない車両も、2人だけで豪華ですねー》

などとテンションマックス。スターが電車に乗るという意外性に興奮したほか、その庶民的な感覚に好感を抱いたようだ。だが、残念ながら、そう感じているのはオタクと川谷本人のみだった模様。第3者からは冷静な指摘と、

《普通に座れよ》
《この脚の組み方、隣に座る人に迷惑》
《乗客が周りにいなくても図々しい座り方》
《足は揃えて座るの常識だよね》
《こうやって組んでるおっさん本当やだ》
《たいしたことない奴ほど威張った座り方するよね》

といった乗車態度の悪さに批判があがったのだった。

「乗車マナーが悪いとのことですが、『#kolor』『#ファッションショーです』というハッシュタグがついていることから、これはファッションブランド『kolor』が京急車両を貸し切って行ったショーでの一幕でしょう。ショーは招待客を乗せて品川駅から出発し、京急蒲田駅で停車して車内とホームでコレクションを発表しました。これは〝電車にも乗る意外と庶民派なオレ〟ではなく、〝ファッションショーを見るオレ〟をアピールする画像なのです」(芸能ライター)

かつて日本中を話題に包んだスーパーロックスターと形容できそうなほどに決まっている川谷。しかし、あの不倫騒動はあくまでベッキーのおかげで話題になっただけ。川谷は今もベッキーには感謝し続けるべきだろう。

【あわせて読みたい】