『VS魂』キンプリ岸の“ガチ”ダメ出しに「怖すぎて…」「責める人は嫌い」

King & Prince  岸優太 

King & Prince  岸優太 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月9日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で、『King & Prince』岸優太が仲間に浴びせた言葉が物議を醸している。

学校の体育館を借りて「魂チーム」と、もう中学生やトリンドル玲奈らのチームが大縄跳びで対決した。

先に相手チームが2回チャレンジし、記録は合計39回。魂チームは風間俊介が先に縄の中に入ることになった。相葉雅紀が「逆転は風間君にかかってる」とつぶやくと、岸は「風間さえできれば…」と誤って呼び捨てに。周囲がツッコミを入れると、「マスクで口が詰まっちゃって」と慌てて弁解した。

ゲームに勝ったのに…相葉雅紀らにダメ出し

1回目は最も若い浮所飛貴が引っかかり3回で終了。「作戦会議」としてメンバーが集まると、岸は浮所に「1回しかないからね! もう!」と指さす。周囲からは「きびしっ!」との声が飛んだ。

次は浮所がトップバッターを務め、相葉と藤井流星がスムーズに縄を回す。浮所、風間、岸、佐藤勝利も懸命に跳び続け、相手チームの回数を上回って勝利した。

魂チームは安堵したが、岸は「声、出してほしかったですね」と縄を回した2人にダメ出し。藤井は「僕ら声出せないんですよ!」と叫び、「勝ってんやから、いい雰囲気で終わろうや!」と呼び掛けた。

強めの言葉で周囲に奮起を促した岸だったが、ゲーム終わりに「ダメ出し」するのは他メンバーに気の毒だとの指摘が視聴者から相次いでいる。

《勝ったんだからいい雰囲気で終わろうや 流星くんごもっともです。笑》
《人を責める人 貶める人は嫌いです》
《岸くん怖すぎて嫌いになりそうw》
《最後勝ったんだからそういう事は言わなくていいと思う。流星の「勝ったんやからいい雰囲気で終わろうや」が本当にそう》
《VS魂見るまでこんなに性格最悪だと思わなかったよ。岸くん 。ただのかわいい天然だと思ってたのに…》

勝ったのであれば、大いに喜びを分かち合うのがチームプレーの楽しみ方ではないか。

【あわせて読みたい】