『バイキング』坂上忍に“女性蔑視”疑惑! 失礼な態度に大ブーイング

坂上忍 

坂上忍 (C)まいじつ 

9月7日放送の情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、自民党の総裁選候補・高市早苗議員が出演。MCの坂上忍が露骨な嫌悪感を示し、〝女性蔑視〟疑惑が浮上している。

この日、番組では女性初の総理大臣を目指している高市議員がリモート出演。総裁選出馬を決めた理由や取り組みたい新型コロナウイルス対策などに言及した。

高市議員はコロナ対策について、パルスオキシメーターを全世帯に全額国費負担で配付することや、治療薬の国内生産体制づくりに力を入れることなどを政策としてあげていた。しかし、聞き手の坂上はなぜかきちんと話を聞く姿勢を見せず、時おり身体を斜めにして高市議員を見上げるようににらみつけたり、机に両腕を乗せて苦笑いするなど、失礼な態度をとり続けた。

見ようによっては〝女性蔑視〟にもとれる坂上の態度に、視聴者からは

《高市さんの話を聞く坂上忍の表情がすごかった。下向いてるか、顔しかめてるか、たまに馬鹿にしたように笑ったり、とても人に話を聞くような態度じゃない》
《坂上ヒドいなぁ。なんで相手のことにらみつけてるのか意味が分からない。明らかに高市さんを馬鹿にしてるね》
《バイキング拝見しましたが、偏向報道が過ぎる。そして高市早苗さんの話を聞くMCの態度と姿勢。正直ドン引きです》

などと、大ブーイングが起きている。

人によって180度態度を変える坂上忍

百歩譲ってこれだけなら、坂上がたまたま体調が悪く不機嫌だっただけかもしれないが、その2日後の9日、この日は同じく総裁選に出馬する岸田文雄議員がスタジオに生出演。坂上は高市議員のときとはうって変わり、「岸田さんのような大物にスタジオに来られても困るんですよ」などと、手もみするかの如く低姿勢であいさつ。「本当に話しやすい人だわ~」などと満面の笑みで、終始ご機嫌だった。

「今回、2人の総裁選候補が番組出演しましたが、坂上の態度は180度異なっていました。高市議員の前では肘をついて悪態を見せていたのに、岸田議員の前ではヘコヘコとお辞儀。もちろん、坂上が誰を支持するかは本人の自由ですが、視聴者は公平な目で両者の政策を聞きたかったはずです。これでは坂上が女性蔑視していると疑われるのも当然でしょう」(芸能記者)

そもそも同番組の〝偏向報道〟は今に始まったことではないが、顔色一つで坂上の好き嫌いが分かってしまうのはいかがなものか。終始笑顔だった高市議員も内心はかなりご立腹だったかもしれない…。

【あわせて読みたい】