山口もえ“スピリチュアル”傾倒? 50万円の勾玉購入に心配の声

山口もえ 

山口もえ (C)まいじつ 

タレントの山口もえが〝霊感商法〟にハマっていることが発覚。ファンから心配の声があがっている。

9月9日付の『NEWSポストセブン』によると、山口は悩みを抱えた人にパワーを与えたり、除霊をしているという〝霊能力者A〟に心酔。摩訶不思議な力が秘められているという50万円の勾玉を購入するなど、すっかり陶酔しているという。

「記事によると、Aは自身で霊能力者を養成する学校を設立。現在の生徒数は1000人近いといいます。山口の他にもナチュラリストとして知られる俳優や、過去に週刊誌を賑わせた女性国会議員も、Aの1時間10万円のセッションを受けているようですね。また、パワーレベルによって価格の異なる勾玉も販売されていて、山口は50万円する最高レベル5を所有。どうやら夫の『爆笑問題』田中裕二もかなり困惑しているようです」(芸能記者)

山口もえの“傾倒”に心配の声

山口は昨年8月、新型コロナウイルスに感染。夫の田中も陽性と判断され、子どもたち含め一家5人で入院した。自分が原因で家族を巻き込んでしまったと、かなり悩んでいたという。また、今年1月には田中がくも膜下出血と脳梗塞にかかり、救急車で搬送されている。度重なる家族の災いに頭を悩ませていた山口が、霊能力者に心を許すようになっていったのは想像に難くない。

これに対し、ネット上では

《こういう人は弱ってる人につけ込んでくるから、山口なんてカモネギ状態だっただろうな…》
《田中さんのここ数年の体調不良を考えると、スピリチュアルな世界に惹かれてしまったのかもね》
《何かにすがりたくなる気持はわかるけど、50万円の勾玉でトラブルが解消するとは思えない》
《人は弱ってる時は何かに頼りたくなるんだと思う。それにつけ込んで寄ってくる人なんて、ろくでも無い人しかいないと思ってる》
《本人が信じてるならいいんじゃないの。田中がなんて言ってるのか気になる》

などと、さまざまな声が寄せられている。

現在、山口は霊能力者とは会っておらず、「スピリチュアルの世界には興味がない」「勾玉も買ってない」と知人に話しているというが、はたして本当なのだろうか。

山口の実家は、東京・浅草にある有名な仏具店。霊媒師に頼るなら、ご先祖様に手を合わせた方がまだ御利益がありそうなものだが…。

【あわせて読みたい】