キンコン西野“5000万円旅客機”購入はウソ?「定番の胡散臭さ」と失笑

キングコング  西野亮廣 

キングコング  西野亮廣 (C)まいじつ 

お笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣が9月8日、自身のインスタグラムを更新。5000万円で購入したという旅客機の操縦席ショットを公開し、ネット上で物議を醸している。

西野は《購入した旅客機の使い道が完全に決まった。オンラインサロンで盛り上がってる》とつづり、旅客機の操縦席や後部ハッチに座るカットを投稿した。

この報告に対して、フォロワーからは

《旅客機購入なんて、夢がありすぎます。すごい!》
《カッコいいっす! これって西野さんが購入したんですか?》
《旅客機購入なんてハリウッドセレブみたい! 西野やるなぁ》
《ええ~、飛行機買ったんですか? ホントマジでびっくり》

などと、大反響を呼んでいる。

しかし、この投稿には〝裏〟があったようだ。写っているのは『YS-11』という日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機で、日本では2006年をもって旅客機用途での運航を終了している。西野は以前、テレビ番組でこの旅客機を「5000万円で購入し、現在はスリランカにある」と自慢げに紹介していたが、ここに来てツイッター上に〝ウソ〟であると指摘するツイートが投稿され、一転、炎上に発展している。

西野亮廣の旅客機は自分で購入していない?

「西野が旅客機を購入したとテレビで紹介された後、とある人物がツイッター上に《最近テレビで放映された旅客機YS-11。これは私が去年5000万円で購入しました。現在はキングコング西野氏と設立したチムニーエアという法人の管理になっています。私はその会社の7割以上のシェアを持つ筆頭株主です》とツイートしたのです。その人物は《20年以上テレビは見ていませんが、嘘の報道を平気でするので苦手です。放映後、吉本興業には正確に情報を伝えるようにお願いしました》と、かなりおかんむりでしたね。どうやら西野は人の旅客機をさも自分が購入したかのように見せていたようです」(ネットニュースサイト編集者)

これに対し、ネット上では

《お前の物は俺の物、俺の物も俺の物。これが西野です》
《ギリ「自分で(購入した)とは言ってない」っていうニオわせか?》
《さも自分が買ったみたいにいってるけど、法人所有じゃん。まぁ、この胡散臭さは定番だけどね》
《なるほど「お前の物は俺のもの」ですね。しょーもない》

などと、大ブーイングが起きている。

かつてテレビ番組でお笑いコンビ『千鳥』の大悟から「捕まってないだけの詐欺師」と吐き捨てられたことがある西野。今回の旅客機に対しても西野はだんまりを決め込んでいる。なんらかの説明をしなければ、ますます信者と世間の印象が乖離していくことだろう…。

【あわせて読みたい】