金正恩総書記が“やせたかなしい姿”に…激変に憶測「これ何号だよ」

金正恩 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

ある意味で世界的な大スターである北朝鮮の最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)総書記が、久しぶりに公の場に姿を現した。しかし、その近影がやせたかなしい姿であったことから、ネット中に衝撃が広がっている。

北朝鮮は建国73周年を迎えた9月9日、首都・平壌の金日成(キム・イルソン)広場で軍事パレードを開催。音楽隊を先頭に、コロナ対策に当たる防疫班のメンバーらが後に続き、航空機の照明弾や祝砲・花火などで盛大に建国を祝った。

北朝鮮のパレードといえばミサイル兵器のお披露目が定番だが、今回は農耕用のトラクターが行進する平和なものに。また、今回演説したのは党の書紀で、金総書記は広場に手を振るものの、声を発することはナシ。服装もおなじみの軍服ではなく洋装のスーツと、これまでとは色々と様変わりした催しになった。