『サンモ二』“コロナ減少”にイチャモン! 陰謀論に呆れ「番組の方が不自然」

関口宏 

関口宏 (C)まいじつ 

9月12日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に司会の関口宏が出演。新型コロナウイルスの感染者数が徐々に減少している東京都について、「東京都は減ってきているように感じるんですが、これはいいんでしょうか?」と質問。なにやら含みのある物言いに、ネット上では厳しいツッコミが相次いでいる。

この日番組では、新型コロナウイルスの現状や対策について特集。MCの関口は「東京都は減ってきているように感じるんですが、これはいいんでしょうか?」と松本哲哉国際医療福祉大学教授に質問した。

松本教授は「もちろん感染者数が減ること自体は、とてもいいことだと思います」とコメント。そして「第5波の急激に上昇したときには、いろんな条件があって増えたんだろうという推測が成り立っていました。しかし、逆の急激な減少については推測が成り立ちません。検査数が十分じゃないんじゃないかとかいろんな推測がされているけれど、なぜここまでスムーズに減少に転じたのかはむしろ逆に不可思議ですので、不自然な減り方だと思う。逆に安心してこのまま順調に減っていくと思われると、ケースによっては、しばらくするとまた上昇に転じる可能性があるとは思う」と話した。

さらに「ワクチンはずっと打たれているけれど、ここまでコロナを急に減らすほど、接種率が急に高まったわけではありません。急な減少には関係がないと思います」とワクチン接種との関連を否定してまとめた。

『サンモ二』コロナ減少の“不自然な分析”に批判

この放送に、視聴者からは

《関口さん始めサンモニの方々は減ってほしくないんですね。じゃないとあんな言葉出てこない。この番組の方がよほど不自然だわ》
《こんないい加減なコメントが、世間に不安をばらまくのだ。感染者の増減について1年以上もするのに説明できないという者が、「専門家」と言えるのだろうか。甘い世界だな》
《減っていいんですか?のコメントは余りに非常識で異常。減少する事が困る又は減って欲しくないような気持ちや意図的に減少するように仕組んでいる事示したい意図が根底にあるのでしょうね》
《増えたら批判、減っても批判派閥政治を批判、派閥政治の後退も批判自民党のやることなすことが気に入らないおじいちゃん達の番組ですね》

などといった声が寄せられている。

コロナ感染者が減って困ることや悪いことなどひとつもない。放送内容が偏向的でたびたび物議を醸している「サンモ二」だが、いよいよ番組打ち切りも見えてきそうだ…。

【あわせて読みたい】