元論破王・ひろゆきが炎上!「葬儀社と病院はズブズブ」発言に呆れ声殺到

(C)Kues / Shutterstock 

論破王の〝ひろゆき〟こと西村博之が、葬儀社の営業方法について、「病院とズブズブ」と発言。葬儀社ユーチューバーが「根も葉もない暴言」と反論している。

発端は今年6月にひろゆきが実施した生配信『【ひろゆき】友はもう一人の自分である。Brooklyn Defender IPAを呑みながら。2021/06/08 M20』でのことだった。ひろゆきは生配信中に葬儀社で働く視聴者から「今後の葬儀業界で、良い仕事の獲得方法はありませんでしょうか?」と質問が寄せられると、「いかに病院と結託するかになるので、病院の先生にちゃんとお金を払ってください。病院の先生にお金を払うと、その病院で亡くなった場合に『こういう葬儀社がありますよ』って一番最初に連絡をしてくれる葬儀社になれたりするので」と回答。

この発言がネット上に広がると、某ユーチューバーが反論。「全然そんなのでやっていけるほど甘い業界ではない」「公立病院は指定業者になるためには抽選。私立病院でも4交代とか2交代」「一体何十年前の思い込みのレベルなんだろう」とバッサリ切り捨てた。

ひろゆきの“ズブズブ発言”に批判

今時、葬儀社と病院が癒着していたことが明らかになれば、社会的にも大問題に発展する。ひろゆきのあまりにも的外れなアドバイスに、ネット上では

《確かに昔はそういうことあっただろうけど、令和の時代になにいってんだろうな。ひろゆきは本当に思いつきでしゃべってるだけ》
《ひろゆきはただの思い込み野郎。相手にするだけ無駄です》
《そもそも医療従事者や葬儀社に対して大変失礼な話。根も葉もない暴言レベルですよ》
《ひろゆき、なんで専門外なことを訳知り顔で語るんだろう。いちいち首を突っ込むから墓穴を掘ることになるんだよ》

などと、非難の声が相次いでいる。

そんななか、ひろゆきは9月8日、トーク配信『怪談王アフタートーク』の中で、「僕も病院と(葬儀社が)ズブズブって話をしたら、それを否定してる葬儀屋さんがいて…」と、葬儀業界の話題について言及。「まぁ、否定したいんだろうなぁって思いました」「絶対裏でつながってるでしょっていう」などと、開き直りともとれる発言をし、炎上に油を注いでいる。

自身の専門分野ならいざ知らず、にわか知識のコメントをまき散らし炎上を続けているひろゆき。さすがのファンもそろそ辟易しているかもしれない。

【あわせて読みたい】