『しゃべくり』ホリケンがガチギレ? 原田泰造への説教に「キュンとした」

堀内健 

堀内健 (C)まいじつ 

『ネプチューン』の堀内健が9月13日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、原田泰造に本気で怒り、視聴者をザワつかせた。

この日は、東京オリンピックで金メダルを獲得したスケートボードの四十住さくら選手と、スケートボードの伊佐風椰、中村貴咲の両選手がゲスト出演した。

3選手は特設セットで技を次々と披露。その後のトークで3選手は、他のスケートボーダーが見事なメーク(技)を披露すると、スケートボードを鳴らして称える慣習があると明かした。

『くりぃむしちゅー』有田哲平は「1回メークしたほうがいいよね?」と口にし、原田がセットに向かう。スーツ姿で、スケートボードの上に立ったまま坂を滑り降りようとした原田だったが、3選手からは「『立ち』はヤバイ…」「やめといたほうがいいと思います!」との声が漏れた。

スケボー挑戦の原田泰造にガチ説教「骨折するぞ!」

それでも「行くぜ~オイ!」「一回やらせて! 一回やらせて!」とノリノリの原田だったが、スタッフも「泰造さん、本当に危ないんで」と止める。ここで堀内は「(セットの裏にある)鉄パイプにひじとか、ぶつけたら骨折するぞ!」、『チュートリアル』の福田充徳も「しかも真っすぐいかない(いくとは限らない)ですから」と口に。堀内は「(コースを外れると)泰造じゃなくて、カメラさんがケガしちゃうかも」と一喝した。

「アドレナリンが出てて止まんないんだよ!」と叫んだ原田だったが、周囲に必死に促されて「分かった、やめる…」とポツリ。代わりにスケートボードに乗らず尻で滑り降りた。

原田の行動に視聴者からは「危ない」との声が続出。同時に、「骨折するぞ!」とたしなめた堀内のトーンが珍しく本気に聞こえたと視聴者は驚いている。

《スケボー立ち滑りを強行しようとしてる泰造さんより、本気で止めてるホリケンになぜか感心…》
《ヘルメットもしてるうえで言われてるから、これは本気の危ないやめとけなんだろうな》
《真剣に泰造を止めるホリケンにキュン》
《泰造さんの立ち滑り見たかったけど、危ないからね》
《原田泰造まじで危ない、スタッフさんも止めてたんだから! ホントやらなくて良かった、見てて怖かった…》
《原田さん、初心者でその高さのランプ降りたらマジ危ないですって……》
《泰造のシーンは本当に怖かった… バラエティーとはいえ、何故これだけ長く引っ張って放送したのか》
《流石に私も成功するとは思ってはないけど、そこの管理くらいできるだろうw 大人なんだからw》

原田がケガをしなくて本当によかった。

【あわせて読みたい】