ROLAND始球式でワンバウンドも「俺の投げた先がストライク」

ROLAND 

ROLAND (C)まいじつ 

9月12日に『横浜DeNAベイスターズ』vs『阪神タイガース』のスペシャルイベント『キッズ STAR☆NIGHT2021 Supported by J:COM』が開催。実業家でカリスマホストのROLANDが登場し、始球式に挑んだ。

ROLANDはベイスターズを応援するプロジェクト『GIMME YOUR POWER PROJECT Presented by J:COM』のアンバサダー・山﨑康晃選手と帝京高校時代の同級生。始球式に登場するのは、昨年に続き2度目となる。始球式には背番号「No.1」、右投げで臨み、ベース手前でワンバウンドという結果となったが華麗なる投球フォームで会場を沸かせた。

同イベントを終えると、ROLANDは「やっぱり難しかったですね。俺はストライクゾーンに収まる器じゃないと、2回目で気が付きました…俺の投げた先がストライクですね」と苦笑い。

山﨑選手からのアドバイスを聞かれると、「事前に『今回こそは、ちゃんとした球を投げるよ』って言っていたんですが(笑)。始球式が終わった瞬間、『またいじられるな』と思いました」とコメントした。

ROLANDが同級生・山﨑選手の“魅力”を語る

スタジアムの雰囲気については、「昨年と変わって、観客の方も増えて『やっと戻ってきたかな』という雰囲気ですね。観客の方の応援を感じられたので嬉しいです」と微笑んだ。

そして、山﨑選手については「五輪前に連絡をもらって『金メダルを獲る』と言っていたので、さすが『有言実行したな』と思いました」「世間は結果でいろいろと言ってきますが、『結果で世間を黙らせよう』と言っていたのでそれを形にしていて、かっこよかったです」と述べた。

最後に、『ベイスターズ』ファンに向けて「同級生がお世話になっていますし、個人的にもご縁があって、かつ応援しているチームということで、来年また機会がありましたらチャレンジしたいと思います」と意気込み、イベントを締めくくった。

〝完璧超人〟なROLANDであれば、次回こそ火の玉ストレートを放ってくれることだろう。

【あわせて読みたい】