人気ラッパー・呂布カルマ『波物語』への持論に非難「甘い」「ただの言い逃れ」

(C)Maridav / Shutterstock 

人気ラッパー・呂布カルマがYouTubeチャンネルの生配信で、大炎上を招いた音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021(波物語)』について持論を展開。ネット上から呆れ声が殺到している。

9月2日の生配信で呂布は、視聴者から寄せられた「波物語ではゴミのポイ捨ても問題視されてますが、HIPHOPのイベントって他に比べるとマナー悪い客が多いのは事実なのでしょうか。今回の件でHIPHOPに対しての偏見がより強くなったのが残念です」という質問に返答。

「あのね、これすごく難しい問題なんですけど」と切り出すと、「波物語のお客さんって、客層って、HIPHOPのお客じゃないんですよ、そもそも。これ、言葉かなり選ぶんだけど…細かいことは説明しづらいんですけど、波物語のお客さんって、波物語って元々ビーチパーティーで、水着で来て、刺青丸出しにしてっていうそういうパーティーなんですよ」とイベントの客層について語り始めた。

続けて、「なので、元々は今みたいな、トラップが流行って、若い子とかがファッションで入れるタトゥーじゃなくて、ゴリゴリの和彫りとかをみんな見せに来るとか、そういう人たちがいっぱいいるパーティーなんですね。波物語っていうのはずっとやってるんですけど、本来はHIPHOPのお客さんじゃないっていうのをまず覚えておいてほしいです」と説明。「ポイ捨て問題っていうのはもちろん問題なんだけど、あれは別に…なんて言うんだろうな、ハロウィンの時に渋谷がめっちゃ汚れてんのと一緒。別にHIPHOPの客が特別どうこうとかじゃないですよ」と持論を展開した。

呂布カルマの“持論”に呆れ声

この持論にファンからは、「納得」「極めて正論」などと共感の声があがった。しかし一方で、

《そういう人たちが好んで来るわけですから「HIP HOPの客じゃない」はただの言い逃れだよ》
《ただの言い逃れじゃないの。そんなイベントに参加してるのがヒップホッパーなんだから、ヒップホップ業界がそう見られるのは仕方ないよ》
《自分たちは悪くないって言いたいのだろうが、甘いんじゃないかな。そもそも言い訳がましい》
《一般から見たら全部同じだよ。いやなら出なければいいだけ。なにいってるの?》
《選別し始めたらキリがない。HIPHOP会場に来てる時点でHIPHOPの客なんで素直に非を認めて、業界全体でこれから変えていこうというスタンスにならないのでしょうか?》

などと、「ただの言い逃れ」と厳しく糾弾する声が引きも切らない。

呂布にしてみればHIPHOPに携わる者として、いいたいことがあったのだろうが、いずれにしても結果的に〝密フェス〟になり、大きな社会問題になったことは確かだ。いまさら言い訳じみたことは口にしないほうが賢明だと思うが…。

【あわせて読みたい】