元E-girls“密フェス参加”再び謝罪も効果ゼロ「言わされてる感すごい」

(C)IVY PHOTOS / Shutterstock 

元『E-girls』メンバーの須田アンナとYURINOが9月14日、YouTubeチャンネル『アンエンユリ』を更新。謝罪動画を投稿したが、ネット上では依然として厳しい声があがっている。

2人は8月29日に開催されたヒップホップ系野外フェス『NAMIMONOGATARI2021(波物語)』に参加。ノーマスクで大はしゃぎする様子がSNS上で拡散し、非難が殺到していた。

2人はフェス開催から1週間ほど経った後、『1週間お休み頂いてました』というタイトルの動画を公開。しかし、ヘラヘラと笑いながらのやり取りに反省の色が全く見られないとして批判が殺到。動画は高評価2516に対して、低評価4万8000超(9月17日現在)、低評価率96%と大炎上状態になっている。

前回のラフな格好から打って変わって、2人は黒とグレーのスーツ姿で登場。「私たちは先日、愛知県で開催された音楽フェスにプライベートで参加し、緊急事態宣言期間中の各都道府県の要請を守らず、県をまたいで移動したこと、さらにマスクを着用するという最低限のルールを守れずフェスに参加したこと、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

続けて、「皆様が感染拡大の防止を最優先に考え、外出や活動を自粛されている中で、自分だけが楽しみたいという欲を優先し、あのような行動をとってしまったこと、とても自分本位の行動だったと深く反省しております。誠に申し訳ございません」と述べ、深々と頭を下げた。

須田アンナとYURINOの“謝罪”に疑問の声

2回目となる謝罪にファンからは、

《失った信頼を取り戻すのは並大抵な事ではないですが、謝罪してくれてよかった。頑張ってください》
《しっかり反省してください。今後は2度とこのようなことをしないようにお願いします。応援してます》
《影響力があるということを考えながら、責任を持っていただきたいです。頑張ってください!》

などと、一定の理解を示す声が寄せられている。しかし一方で、

《とりあえず反省してる風だけど、撮り終わった後「はあ~めんどくせ~」って言いながらジャケット脱ぎ捨ててそう》
《事務所に言われたから仕方なく謝ってる感がすごいな。カメラ切った瞬間から「とうとうウチらもこれやる時きたか~www」って爆笑してそう》
《1回目の謝罪動画から1週間以上経ってる。たぶん本人達は「なにが悪いの?」のスタンスだったけど、周りの大人たちにまじでヤバいぞと説得されて仕方なくこれ撮ったんだろうな》
《めちゃ言わされてる感あるな。まぁ、事務所が作った謝罪文読んでるんだろうなぁ》

などと、まだまだ「信じられない」という声も聞こえてくる。

あらためて謝罪した2人だが、今回の動画も〝低評価〟が圧倒的となっている。どうやらファンは2人が本当に心から反省しているとは思っていないようだ。

【あわせて読みたい】