日本とあまりに違うイギリス地下鉄の「痴漢容疑者」対応

(C)JoeyCheung / Shutterstock

(C)Shutterstock

日本ではここ最近、電車内で発生した痴漢行為が連日のように報道されている。たとえ冤罪だったとしても「駅員室へ入った段階で警察に引き渡され逃れることができなくなる」という噂が広まったことで、線路を逃走して死傷者を出す事故も起きた。もちろん、列車に遅延が発生するため数万人単位で影響が出ることもある。

痴漢行為は日本だけに見られるというわけではなく、ヨーロッパでも社会問題となっている。イギリスでも痴漢が大きな問題になっているが、その対応は日本とかなり違う。

「イギリスでは連日のように強姦殺人などの凶悪な性犯罪事件が報道されています。そのため、電車内で体を触ったか触らないかという痴漢行為は、ニュースで取り上げられることはあまりありません。日本と根本的に違う点は、捕まった人がいきなり拘束されたり社会的な制裁を受けたりすることがないため、日本のように容疑者が線路を逃走して大騒動に発展するということがないということです。そのため、こうした問題をあまり重大と捉えず、そのためメディアなどで目にしないのかもしれません」(イギリス在住金融会社社員)

 

膨大な数のCCTVカメラで解析

TFL(ロンドン交通局)が女性客を対象にアンケート調査を行ったところ、約10%の女性が何らかの痴漢行為に遭遇したことがあると答えている。

「痴漢を警察や駅員へ通報した人の割合は、10人にひとりしかいませんでした。残りの9人は、痴漢を認識しても何もできなかった(しなかった)ということになるのですが、通報することで報復を受ける可能性があるという心理が働き、声を上げづらいと指摘する専門家もいます」(イギリス在日本人ジャーナリスト)

そうなると、やはり冤罪も少なからず発生する。

「そのためTFLでは、痴漢トラブルの通報を受けたあと、加害者として被害者から訴えられた人をいきなり拘束したりすることはしませんし、警察へ引き渡す、家族や会社へ連絡することもありません。特別に訓練された専門チームが、まず被害者から証言をきちんと聞き出し、駅構内や電車内に設置された膨大な数のCCTVカメラからの情報を解析し、もし存在していれば証人の意見なども参考にして、原因の究明や犯人の特定を進めます」(同・ジャーナリスト)

日本でもCCTVカメラ導入が検討されているが、列車の数が多いため、設置は前に進んでいないのが現状だ。

 

【あわせて読みたい】

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上 

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」 

怖過ぎる!矢口真理が直面した「拉致監禁未遂事件」 

関ジャニ∞の新番組にパクリ疑惑

ドラマ「浅見光彦シリーズ」の配役で視聴者大混乱