『ハコヅメ』最終回に不満殺到! 永野芽郁ないがしろで「イマイチだった」

ハコヅメ ~たたかう!交番女子~  永野芽郁  戸田恵梨香 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月15日、俳優の戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演するドラマ『ハコヅメ ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)の第9話・最終回が放送された。大好評の作品だったが、最終回には批判的な声も多くあがっている。

「警察官にさえなれば一生安泰」そんな安易な考えから警察官になった新人・川合麻依(永野)は、通称〝ハコヅメ〟こと交番勤務に配属されることに。そして心身共にキツい警察の仕事に限界を感じ、早々に辞職願を出そうとしていた矢先、問題を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤聖子(戸田)とペアを組むよう言い渡されてしまうというストーリーだ。

最終回では、3年前に藤の同期・桜(徳永えり)がひき逃げされた事件に進展が。川合が作成した似顔絵によって容疑者が特定されたため、署を上げての捜査に乗り出した。結果、川合や伊賀崎(ムロツヨシ)の活躍により、ついに犯人を逮捕。藤の念願がかなうのだった。