『ひるおび』CM見合わせ“キユーピー”に賛否「当然の対応」「不買します」

(C)WAYHOME-studio4 / Shutterstock

大手食品メーカーの『キユーピー』が、スポンサーを務める情報番組『ひるおび!』(TBS系)のCM放送を見合わせることを発表。ネット上で波紋を広げている。

コトの発端は、同番組でコメンテーターを務める八代英輝弁護士の発言だった。八代弁護士は衆院選での野党共闘を特集した9月10日の放送で、「共産党はまだ『暴力的な革命』っていうものを、党の要綱として廃止してませんよ。よくそういうところと組もうって話になるな、というのは僕には個人的には感じています」とコメント。

これに対し、共産党の志位和夫委員長は自身のツイッターで《TBS系「ひるおび!」で出演者が「共産党は暴力的な革命を廃止していない」などと述べたことに対し、党広報部植木部長は、局の担当者に抗議し、番組としての謝罪と訂正を求めました。担当者は「申し訳ない」とのべ、訂正については検討すると答えました。事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません》と怒りを見せている。

八代弁護士は13日の放送で「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした」と釈明し、「ですが、日本共産党はそれを度々否定していることも併せて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。

『キユーピー』の“CM見合わせ”に疑問の声

放送後、番組スポンサーの「キユーピー」が即座に反応。翌日のCMを見合わせたことで、代わりに『ACジャパン』のCMが流れることになった。

「キユーピー」の対応に、ネット上では

《何もそこまで八代さんのこと追い詰めなくてもいいのに。これからはほかのマヨネーズに変えるわ》
《これでキューピーが撤退なら、キューピー自体がそっち系という間違った印象与えてしまうよ。何も反応しない方がキューピーのタメだと思うけど…》
《八代さんは人権に係わる失態をした訳ではない。謝罪もしているし、過剰に反応するキューピーに違和感がある》
《すいません、もうキユーピーは不買とさせていただきます》

などと、疑問の声が続出。一部不買運動を実行する人も見受けられた。

しかし、キユーピーの対応に称賛の声もあがっており、

《キユーピー共産主義なのかとか馬鹿馬鹿しい。中立を守っただけだ。そっち系の企業なのかと思う人こそ民主主義をわかっていない》
《こんな風に、社会的な不正義(時の権力集団による根拠無いデマ攻撃)に対して、主体的に是非の判断を示す企業が出てきたのは良い流れだと思う》
《冷静で公正中立な報道を求めたいです。思想の問題でははなく、放送法を遵守する番組のスポンサーであっていただきたいです》
《デマ番組のスポンサーは、企業イメージが大きく毀損される。キユーピーは、当然の対応をした》

などの声も多く聞かれた。

公安調査庁はホームページで、共産党について《革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする「いわゆる敵の出方論」を採用し、暴力革命の可能性を否定することなく現在に至っている》と指摘している。

思想ウンヌンは関係なく、キユーピーは不適切で謝罪した番組のCM放送を見送っただけだと思うが…。過剰反応している層は、どのような裏があると思っているのだろうか。一度冷静になって考えてほしいものだ。

【あわせて読みたい】