宮迫博之を応援すればお金がもらえる? とある仕事依頼がネット上で話題に

宮迫博之 

宮迫博之 (C)まいじつ 

ビジネスクラウドソーシングサービス『Chatwork』に、《お笑いタレント・宮迫 博之への応援メッセージを投稿する》という依頼が掲載された。条件がいいこともあり、ネット上で「宮迫を応援するだけでお金がもらえる!」などと大きな話題を呼んでいる。

「Chatwork」に掲載されていたのは、『芸人・宮迫博之さんへの応援メッセージ600文字』といったタイトルのブログ記事作成の仕事依頼。文字単価1円の依頼ということもあり、多くの人が、

《クラウドワークスで1円/1文字は高単価》
《1文字1円って単価で考えたら結構いいな》

などと興味を示していた。

宮迫博之の好感度はどうしたら上がるのだろうか…?

しかし、今の宮迫の好感度はあまりにも低い。宮迫とは対極にいる好感度芸人・なかやまきんに君が9月12日にアップしたコラボ動画『【超簡単】宮迫さんにゆる~いダイエット飯(激ウマ)を作ってもらいました。』も、高評価よりも低評価が上回ってしまう事態に。今さら600文字程度の応援メッセージで、宮迫の悪評が覆るとは考えにくい。

彼のステルスマーケティングともいえるこの依頼に対して、ネット上には、

《明らかに怪しくて再生数少ないユーチューバーにも称賛コメントがやたら書かれてるときあるけど、こういうので募集してんのか》
《原稿用紙1.5枚分も宮迫を褒めたたえなあかんとか頭おかしなるで》
《火消しやってくれてた吉本に喧嘩売った結果がこれか。無様やのぅ》
《金が発生しないと応援されない宮迫》
《600円とか低すぎる、相場的には高いのかもしれないけど1億円ぐらいほしいわ》

などの辛辣な声が相次いでいる。

「宮迫はこれまで多くの大物ユーチューバーに媚を売ってきたようですが、どれもあまり効果がない様子。8月20日には〝ひろゆき〟こと西村博之氏が宮迫を絶賛していましたが、むしろ西村氏の動画に低評価が殺到していました。実は西村氏は宮迫のYouTubeをプロデュースしている企業の取締役に名を連ねており、双方に冷ややかな声があがっていました」(芸能ライター)

好感度アップを図るも、すべてが裏目に出てしまっている宮迫。もういっそ、タレント業から足を洗ったほうがいいと思うのだが…。

【あわせて読みたい】