静寂感の強い侵略を受ける異質映画「散歩する侵略者」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『散歩する侵略者』

松竹、日活配給/9月9日より新宿ピカデリーほかにて全国公開
監督/黒沢清
出演/長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、小泉今日子ほか

“散歩”と“侵略者”の組み合わせが、一風変わったニュアンスを醸し出すこの“けったいな”題名に思わず惹かれてしまうね。オリジナルは劇作家・前川知大の率いる『劇団イキウメ』の同名人気舞台で、その映画化を長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、前田敦子、小泉今日子などの豪華キャストで行うなら期待は倍増する。おまけに、監督は黒沢清。近年も『岸辺の旅』(2014年)、『クリーピー 偽りの隣人』(2016年)などがあるが、個人的にはサイコ・スリラーの『CURE』(1997年)が大好きだった。その年のベストワンにもした。そんな黒沢“不条理”ワールド再び! だが、ヒロインの長澤まさみも大好きなので、これはもう見に行くしかないでしょう。

不仲だった夫(松田龍平)が、数日間行方不明になったあと、自宅に戻って来たが、妻(長澤まさみ)は明らかに以前とは違う印象を持つ。どうやら、夫は“地球を侵略しに来た宇宙人”に乗っ取られてしまったようだ…。一方、街で起こった一家惨殺事件を追うジャーナリスト(長谷川博己)も取材の過程で“異変”に気づく…。

ジャンル分けすると“宇宙人地球侵略もの”なのだろうが、ハリウッドのアホみたいなSFスペクタクル大作のドンパチとは全然ニュアンスが違う。ここでは“侵略”の形が“人間の概念を奪う”というユニークなもの。確かに破壊もある、炎上もある、パニックもあるのだが、騒然というよりも、どうも静寂感の方が強いのはなぜか。“いつの間にか骨折”があるように、これは“いつのまにか侵略”ではないのか。そして、人間はいっそ既成概念を奪われた方が、案外シアワセなのかも知れない? という逆説が面白い。

 

三十路になった長澤まさみの演技に期待

それにしても、長澤まさみはいいね。そこはかとない大柄感、スケール感、天衣無縫性がたまらない。『東宝シンデレラ』でグランプリを受賞したのははるか昔、いまや三十路で、人妻役も似合うようになって、“オナゴの魅力は三十路から”と力説し続けているボクは『祝! 三十路』と横断幕を掲げて彼女を祝いたいほど。まあ、向こうはあまり三十路をうれしく思っていないのかもしれないが、三十路の長澤まさみはこの10年、相当面白くなるはずだ。

プリプリ怒ってばかりのストレス人妻・長澤まさみ目当てで見に行ってブッ飛ぶこと請け合いの邦画史上最も奇妙なエイリアン侵略もの。いかにも乗っ取られそうな芒洋とした松田龍平もイイし、いかにもうさんくさそうな長谷川博己も油断ならない。役者のアンサンブルと演出の妙味がたっぷり味わえる、この秋、初っ端の注目作だ。

 

【あわせて読みたい】

★2017/9/9公開
静寂感の強い侵略を受ける異質映画「散歩する侵略者」

★2017/9/9公開
役所広司と福山雅治の火花散る裁判映画「三度目の殺人」 

★2017/9/9公開
謎の休業をしていたすみれのハリウッド・デビュー作「アメイジング・ジャーニー」 

※ バス旅二代目の田中要次が主演する奇怪SFコメディー映画「蠱毒」

※ 戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った男のドキュメンタリー映画