『激レアさん』芸人仲間が“キングコング嫌い”明言「嫌いな人が多いねぇ」

キングコング 西野亮廣 

キングコング 西野亮廣 (C)まいじつ 

『ドランクドラゴン』の鈴木拓が、9月20日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に出演。『キングコング』が嫌いだったと自ら明かして話題になっている。

鈴木は最強の男を目指していたにもかかわらず、なぜか芸人になり「芸人界最強」になった男、との触れ込みで登場。子どものころから多くの格闘技を習得した過去を明かした。

ボクシングのプロライセンスを持っていた父の死をきっかけに芸人を志した鈴木は、1996年に人力舎に入り『ドランクドラゴン』を結成。第二の『アンジャッシュ』になれると言われたものの、「アンジャッシュさんは有名じゃないし知らねえよ(と思っていた)」と回顧。この日も毒舌全開だった。

『はねトび』時代の苦境吐露「キングコング嫌いなんですよ」

コンビ結成から5年後に『はねるのトびら』(フジテレビ系)がスタート。鈴木は「これでドーンときて、生活は一変しましたけど」としたが、「すごい…キングコング嫌いなんですよ」とポツリ。番組メンバー間の格差が大きく、特にキングコングと比べて出番が極端に少なかったと明かした。ここで鈴木や『ロバート』の山本博の写真が流れたが、キングコングの2人は宣材写真ではなくイラストだった。

山本と格闘技の練習を始めた鈴木は当時について「腐ってました、2人で。ホントにやることなくて。3カ月にいっぺん出れればいいぐらいで」と仕事の少なさを嘆きつつ、「単純に逆恨みです。キングコングに対しては。申し訳ないです」と笑った。

何のためらいもなくキングコング批判を展開した鈴木に、視聴者は大いに沸いた。

《キングコング批判きたwww》
《激レアさん、キングコング嫌いは草》
《はねるのトびら見てなかったからなー。そんなにレギュラーで差が出てたんだ》
《若林もそうだけれどキングコングさん嫌いな人が多いねぇ~ww》
《今のキンコン両名が芸能界以外の金儲けで偉そうにしてるのを見るとはねトびのパワーバランスって本当に歪だったって分かる》
《激レアさんでキングコング宣材じゃないの面白いな》
《鈴木拓「キングコング嫌いなんすよ」にニヤッとしてしまった》

あくまでキングコングが嫌いだったのは過去の話なのだろう。

【あわせて読みたい】