Adoの新曲が「うっせぇわ」レベルの中毒性? 木村拓哉とのコラボで話題に

木村拓哉 

木村拓哉 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『うっせぇわ』で今年の顔となっている歌手・Adoの最新楽曲『蝸旋(らせん)』が、ネット上で話題となっている。

今回のAdoの楽曲もタイアップつき。9月24日に発売される〝キムタクが如く〟の愛称で大ヒットを飛ばした『PlayStation 4』用ゲームソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』のテーマソングとなっている。7月6日には、主題歌とゲーム映像を合わせたプロモーションビデオが『龍が如く』製作スタジオの公式YouTubeにアップされた。

いよいよ発売を1週間後に控えた17日に同チャンネルは、TVCMも公開。ゲーム映像にストーリーのナレーション、「螺旋」が重ねられた重厚なCMとなり、全国放送もスタートしている。そしてこの動画、Adoのテーマソングがクセになるとして、中毒者が相次いでいるようなのだ。

「とりあえず謝っとくか すまん」

「螺旋」はサビで「お前らのせいだ」との歌詞を連呼する印象的な楽曲であり、これをAdoのドスの利いた声で歌うことで、得も言われぬ迫力に襲われる模様。聞いているうちに本当に罪悪感に苛まれる視聴者も多いようで、ネット上で

《スゴいワイらのせいにするよな なんもしてないよ》
《中古カードショップのモニターでずっと流れてるから1時間くらいワイのせいにされる》
《お前ら何したんだよ、こんなに言われるって》
《15秒のCMで4回くらいワイらのせいにされる 何したんやワイらが》
《adoちゃんがそう言うからしょうがない》
《とりあえず謝っとくか すまん》

と話題になっているというわけだ。

「『会いたかった 会いたかった 会いたかった』と繰り返す『AKB48』然り、『しょーこーしょーこー』と繰り返す『オウム真理教』然り、同じフレーズを何度も何度も聞かせる歌が印象に残りやすいのは、脳科学的にも解明されています。思えば、Adoの『うっせぇわ』もこの繰り返し系ですね。インパクト大で印象にも残りますし、CMとしてはこの上なく狙い通りなテーマソングとなりました」(ミュージッククリエイター)

視聴者の〝ご意見〟にうるさいこのご時世、「心当たりがないのに責められている」とクレームを入れる真面目な方もいそうで心配だ。

【あわせて読みたい】