木下優樹菜「好きな芸能人1位」常連の理由

タレントの木下優樹菜が各種アンケート結果で上位になることが目立っている。

例えば、一部の芸能サイトが行った『好きなママタレント』では1位を獲得。8月に放送された『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の『女性が好きな女性芸能人ランキング』でも1位だった。この結果に違和感があるという。

「基本的には好感度がベースになったアンケートがほとんどですが、木下が上位に入る理由が思いつきません。作為的なアンケート結果だと感じます」(芸能ライター)

ロンドンハーツでは番組が候補に挙げた30名の芸能人のうち、14名がスタジオに登場し、1位の結果と出演していた芸能人の順位が発表された。アンケートでは18~50歳までの女性から回答を得たという。

「木下はスタジオに来ていませんでしたが、1位が木下で、2位は藤田ニコルでした。その次の順位で発表されていたのは5位の近藤千尋、6位のスザンヌという結果です。2位や3位が発表されないことや、最初から対象の人物を決めていたため、回答時になんらかの“誘導”があったと思われても仕方がないでしょう」(同・ライター)

 

「理想のママ」でも1位の木下

木下は過去に、『理想のママ』アンケートでも2年連続1位になっている。

「よく見掛ける芸能サイトの結果は、データとして全く評価されません。本当のアンケートは、分析を目的した機関がどのような理由で調査するか、細かく条件を明示します。『理想のママ』ならば、何を目的で調べるのかを示し、回答者の性別、年齢、詳細な決め、かつ設問がありコメントを求めるのが正しいやり方でしょう。何も回答条件がなくタレント名が挙げられただけのアンケート結果は、データとは呼べません」(統計に詳しいライター)

どうして木下がアンケート結果上位に来るケースが多いのだろうか。

「木下は、かつて『朴優樹菜』の名前でモデルとして出ていた時期もあり、日本人と韓国人のハーフだといわれています。芸能界は和田アキ子を筆頭に、朝鮮・韓国をルーツにもつ人間が2割以上いるとされています。木下も、好感度が上がることによって、韓国系のスポンサーが付くのです。彼女がトップになるランキングは、初めから韓国系のサイトを中心にデータを取っていると評判です」(前出・芸能ライター)

今後のアンケートでも木下の名前が上位に来るのか注目が集まる。

 

【あわせて読みたい】

香取慎吾と草彅剛のジャニーズ時代「最後の曲」

コード・ブルー出演中の新木優子が「幸福の科学」広告塔に

平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に

清宮幸太郎のプロ入りを阻もうとする「超大物」

無造作に大金を放置、すごい偏食…カズレーザーの変人ぶり