堀ちえみ“妖精を見た”発言にドン引き「怖いよ…」「心配になるレベル」

(C)Roquillo Tebar / Shutterstock 

タレント・堀ちえみの〝迷走〟が止まらず、心配の声が続出している。

堀は9月22日、自身のブログを更新。最近、ワイドショーやネットを騒がせている新居の様子を公開したが、さらに引っ越し後に体験した〝不思議な出来事〟について言及し、ネット上をザワつかせている。

この日、堀は『人生って不思議なものだなぁって』というタイトルでブログを更新。新居での日課となる家事の様子を報告した。さらに以前住んでいた家から出て行くときのエピソードとして《あの日の朝、あの家を出て行く時に、不思議な光を見ました。私の横を通り過ぎたのですが、直感で妖精だとわかりました。やんわりとやさしい光》とつづると、《変なことを書いてごめんなさい。私にはそれ以上のことは分かりませんが、これでよかったんだと、その時にそう思ったのです。全てはなるべくしてなり。生って不思議なものだなぁ。常に流れに逆らわず、しなやかに生きていくと… 上手くなるように、護られているのかも知れません》と不思議な体験をしたことを告白。

最後に《肩の力を抜いて、残りの人生やんわりと。あの光の妖精のように、やさしく》と結んだ。

堀ちえみの“迷走”が本格化…

そんな堀の書き込みにネット上では

《いろいろな直観が働くんですね。引っ越しでバタバタして心身共にお疲れのご様子。ゆっくり休んで下さいね》
《アイドルの頃から、テキトーにその場しのぎで話す人だなぁと思ってみていた。最近は大丈夫かなと心配になるレベルだね》
《妖精ですかね?くらいにしとかないと。怖いよ…》
《ブログが収入源になってるのは分かるけど、しばらく休んでみたら? 最近はネタに走ってるとしか思えない》
《ここまでくるとさすがに変。ご家族の方、何も感じないのかな?》

などと、心配する声が相次いでいる。

堀は引っ越し前、「極秘で計画されていた情報を掴んだ」「心臓が痛くなるほど衝撃的だった」などと、意味深な内容をブログに投稿し、視聴者から迷走ぶりを懸念する声が相次いでいたが、無事引っ越してからもどうやら収まる気配はないようだ。

そろそろ通常運転に戻らないと、終いには〝不思議ちゃん〟扱いされ、誰からも相手にされなくなってしまうかもしれない…。

【あわせて読みたい】