『東京リベンジャーズ』ブーム終了へ…? アニメ第2期が発表されない理由

(C)Michail Petrov / Shutterstock 

9月19日に最終回を迎えたアニメ『東京リベンジャーズ』(テレビ東京系)。今後の展開が気になるラストを迎えたため、続編を熱望する声が続出している。しかし、第2期が放送されない可能性があるのだという。

問題視されているのは、アニメでドラケン役を担当している人気声優・鈴木達央の存在。彼は今年の7月に一般女性との不倫を週刊誌に報じられ、8月4日に活動を一時休止。復帰の目処は立っておらず、鈴木が演じていたキャラクターも露骨に出番を減らされている。

業界から干されつつある鈴木がメインキャラクターを担当していたこともあり、ネット上では、

《2期やるのかね…》
《多分2期やると思うけど、たっつんが本格復帰まで待つしかないか?》
《2期の続報がないとかおかしくない?って思ってたらドラケンの声優問題があるからか…》
《鈴木達央が不倫しなかったら絶対すんなり東リべ映画化とか2期とか決まってたのに》
《東リべ2期云々は鈴木達央次第なんだろうなー》

などの声が続出。「東京リベンジャーズ」といえば、ブーム真っただ中の超話題作。それだけに早めに続編を発表した方がいいと思うのだが…。それができない大人の事情があるのだろう。

アニメ続編が発表されないのは鈴木達央が原因…?

ちなみに、9月5日に放送された第22話『One for all』では、ドラケンがマイキーの兄・真一郎を殺害した一虎に「自殺して詫びようなんて許さねえからな」と言い放つ一幕が。不倫報道を受けた鈴木が8月初旬に自殺を図ったといわれている騒動と重ねる人も多いようで、

《役に言われてますよ、ドラケンに言われてますよ、鈴木達央》
《鈴木達央に特大ブーメラン刺さってんの草すぎる。ドラケンが何言っても中の人を彷彿とさせる》
《爆笑止まらないんですけど。鈴木達央降板してくれ》

といった辛辣な声が多く見受けられた。

「ドラケンは作中屈指の人気キャラですが、『週刊少年マガジン』で連載されている原作漫画では、死亡一歩手前の危機に瀕しています。鈴木の不倫報道が出るまで死亡フラグが立っていなかったので、『鈴木のせいだ!』と邪推するファンも少なくはありません」(サブカルライター)

人気絶頂でありながら、続編の情報が全く出ない「東京リベンジャーズ」。鈴木は、12月開催予定の「東京リベンジャーズ」のイベント出演を見合わせると発表している。もし続編が放送されるとしたら、鈴木の名前はあるのだろうか…。

【あわせて読みたい】