ゆきぽよ“ハロウィン参戦”発言に呆れ声「誰が責任とるの?」「1人で楽しんで」

ゆきぽよ 

ゆきぽよ  (C)まいじつ 

ギャルタレントの〝ゆきぽよ〟こと木村有希が9月23日、自身のインスタグラムを更新。ハロウィン参戦をニオわせる発言を繰り出し、ネット上で物議を醸している。

ゆきぽよは黒の編み込みの肩出しシースルーのトップスにキャップをかぶり、『ルイ・ヴィトン』のケースを付けたスマホで自撮り。《今年のハロウィン何着よっかなぁ》とコメントした。

ゆきぽよはもはや怖いものなし?

コロナ禍にもかかわらず、早くもハロウィンのイベントに意欲を示すゆきぽよに、ネット上では

《この期に及んでハロウィンだと。まさか本気じゃないよね?》
《やるなら黙ってやればいいのに。誰も興味ないよ。なんでわざわざ炎上するようなこというのかね》
《この人は失うものは何も無いんだろうな。くれぐれも1人で楽しんでください》
《もしかしてクラブでハロウィンイベントでもやるつもり? クラスターが発生したら誰が責任とるの?》
《フェスがあれだけ叩かれたのにハロウィンやるつもりなのがスゴいな。マジでどうかしてる》

などと批判の声が殺到している。

「ゆきぽよは非難の声が殺到したことを受け、慌てて《おうちハロウィンってのもあるんだよ》と言い返しましたが、恐らく後付けの言い訳でしょうね。自身は先月、新型コロナウイルスに感染しているので、すでに抗体ができていると思っているのかもしれません。昨年はコロナ禍にもかかわらず渋谷でハロウィンが行われ、多くの若者が大騒ぎし、物議を醸しました。また、条例で飲酒が禁止されていたにもかかわらず、隠れて飲み歩く人の姿もあちこちで見られましたね。ゆきぽよが本当に〝おうちハロウィン〟するつもりだったとしても、わざわざSNSで公表すればアンチの格好のターゲットになります。なぜ自重しなかったんでしょうかね…」(ネットニュースサイト編集者)

そもそも、例えおうちハロウィンだったとしても、大人数でパーティーをすれば感染の確率が高まるのはたしかだ。ゆきぽよがたった1人で仮装するとは到底思えないが…。

【あわせて読みたい】