『推しの王子様』最終回にディーンのファン激怒!「胸クソ悪いわ」

推しの王子様  ディーン・フジオカ 

推しの王子様  ディーン・フジオカ 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月23日、比嘉愛未の主演ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)第11話・最終回が放送された。ディーン・フジオカの酷すぎる扱いに、ファンがブチギレている。

主人公の日高泉美(比嘉)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の代表取締役社長。ある日突然出会ったダメな若者・五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する〝逆マイ・フェア・レディ〟な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていく。

これまでの話で、泉美は航から告白されたものの、年の差などを考えて拒否した。すると、長年泉美に片想いを抱いていた副社長の光井(ディーン)が泉美に告白。念願かなって付き合うことになった。

しかし、光井と付き合いながらも航に気を持っている泉美は、光井からのキスを拒否するなど冷たい態度を取り続ける。さらに仕事で悩む泉美に光井が声をかけると、「私たち付き合うべきじゃなかったんだと思う」といって、ついにフってしまい、会社からも失踪した。

その後、光井の働きかけもあって泉美は会社に戻ってくるのだが、泉美がオフィスに着いた時、航と2人きりであった。光井の粋な計らいで2人はオフィスで愛を確かめ合い、ついにキス。その後、光井が他の社員も引き連れてオフィスに着き、改めて泉美の復帰を祝福していた。

ディーンがこんなしょぼい役を受け入れた理由

この徹底的に〝かませ犬・都合のいい男〟にされてしまった光井に、ディーンファンは激怒。ネット上では

《ディーンがかわいそう過ぎる》
《あほくさ。ディーンをさんざんコケにして胸クソ悪いわ》
《ディーンの扱いが雑すぎたわ》
《やっぱりおディーンの無駄遣いで終わったか》
《ディーンフジオカ勿体ないね。本当にマジで勿体ない! おディーンをこんな役で3カ月も拘束してたんか! もったいな~い!》
《ディーン大好きだけど今回だけは魅力半減だった》

といった批判の声が相次いでいる。

「そもそもディーンが今回のようなかませ犬役を受けたのは、もともと主演予定であった深田恭子との関係性でしょう。2人は2016年のドラマ『ダメな私に恋してください』(フジテレビ系)で共演。これをきっかけに、もともとブレークしていたディーンがさらに大ブレークとなった経緯があります」(芸能記者)

次は良い役に巡り合ってほしいものだ。

【あわせて読みたい】