DJ松永への“悪意ある投稿”にファン激怒!「恥を知れ」「読む価値なし」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

9月21日深夜放送の『イグナッツ!!』(テレビ朝日系)に、ヒップホップユニット『Creepy Nuts』のDJ松永とR-指定がゲスト出演。DJ松永がツイッターに書き込まれていた〝悪意〟のある投稿に言及し、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

同日の番組では、東京オリンピック開会式でDJのプレイを披露した松永に裏話を聞くことに。松永は開会式の心境などを話すと同時に、出演後にツイッターで発見した怖い投稿についても語っていく。

その投稿とは、某週刊誌の公式ツイッターで書かれていたもの。「松永の過去の不適切発言募集します」と詳細を説明し、「(開会式を)降ろす前提で募集っていう」と恐怖心を明かす。これには番組MCの『EXIT』も驚きを示し、R-指定も「ちゃんとした悪意というかね…」と苦言を呈していた。

DJ松永へ向けられた悪意に怒りの声

松永の告発に対し、視聴者も同情したようで、ネット上には、

《ビジネスなのはわかりますけど、さすがにやり過ぎですね》
《わざわざSNSで募集するなど、恥を知れ。楽をして情報を得て、人をこき下ろすことしか考えていない哀れな人たちです》
《出版社の名前出したら良いですよ。立派な不祥事ですから》
《「自分のことを棚に上げて」の代表例だな。週刊誌なんか、不適切のオンパレードだろうに》
《あれ本人の目にも入ってたのか…。本当にひどい投稿だと思ってました》
《自分で取材したり調べたりして雑誌に載せるならまだしも、SNSみてる人から募って雑誌に載せるってもう記者ではないですよ。こんな楽して人をこき下ろして、責任とらない雑誌は読む価値なし》

などと某週刊誌へ批判が続出している。

「松永に恐怖を植え付けた張本人は、悪名高い雑誌としてお馴染みの編集部アカウントであることが判明しています。投稿は《五輪閉会式に出演したDJ松永は、確かオールナイトニッポンで小山田圭吾なみに酷い発言してたと記憶してるんですが、思い出した方こっそりリプライで教えてくださーい!》と、楽しそうに悪意を向けた内容。さすが〝格差社会は許さない 『日本死ね』マガジン〟のキャッチフレーズを掲げるだけあって、過激な内容も平然と投稿できるのでしょうね」(芸能ライター)

松永が降ろされなくてなによりだ。

【あわせて読みたい】