平野レミまたもや伝説を更新!“とんでも”料理に大反響「怖いものなしや…」

(C)Pressmaster / Shutterstock 

9月23日放送の『平野レミの早わざレシピ!』(NHK)で、料理愛好家の平野レミが常人では到底思いつかないような料理テクニックを披露。型破りな彼女の行動に、視聴者から大きな反響が寄せられている。

「平野レミの早わざレシピ!」は2015年から放送を開始し、ついに第11弾を迎えた不定期特番。ゲストに俳優の大竹しのぶを迎え、中山秀征、『ハライチ』澤部裕の3人が、平野の調理風景を見守った。

テーマが秋ということで、平野は秋の味覚〝さんま〟を使った料理を披露。『さんまの骨抜きパスタ』や『さんまの塩焼き・おろし5点』などの料理が登場し、平野は随所で「さんま」というワードを連呼する。

あまりにも平野が「さんま」のワード出していたため、思わず大竹は「さんま、さんまってずっと言われるのは、なんか…」と漏らしていた。これにはキャスティングに何かしらの意図があったとしか思えない…。

さらに平野は「いや私はさぁ、さっきもさんま5点おろしやったんだけどさ、さんま5点おろしって言葉、絶対に言っちゃいけないって…大変だったのよ」とコメント。平野なりに気を遣っていたようだが全くフォローになっておらず、さらに爆弾を投下するのだった。

平野ワールド炸裂! もはや誰も止められず…

視聴者も平野には驚かされたようで、ネット上では、

《「さんま御殿おろし」とか他局のNHKで言い放つレミさん…。怖いものなしや…》
《かつて、さんまを骨抜きにしたゲストに「さんまの骨抜きパスタ」のレシピを説明するレミさん…》
《大竹しのぶさんに振る舞う料理が「さんまの骨抜きパスタ」なの、挑戦的過ぎて朝から腹抱えて笑っている》
《平野レミ、大竹しのぶにさんまの骨抜きパスタ作ったんかすげえな》

といったツッコミが殺到。「#平野レミの早わざレシピ!」がTwitterのトレンドで1位に輝くなど、大きな反響を呼んだ。

また、いつものトンデモ料理テクニックも健在で、「さんまの骨抜きパスタ」を作る際には膝でパスタを叩き割る荒業を披露。他にもミキサーのフタを肘で押さえつけるという時短テクニックも紹介していく。

あまりにも一般的な調理方法からかけ離れていたためか、ゲストが試食をする際には「試食品は衛生管理が徹底された調理室で調理しています」と料理番組としては異例のテロップが挿入されていた。

またしても伝説を生み出してしまった平野。次はどのような料理でお茶の間に笑いを届けてくれるのだろうか…。今後の動向も見逃さずチェックしていきたい。

【あわせて読みたい】