『Mステ』ビリー・アイリッシュにイチャモン!「やる気なさすぎ…」

(C)Ollyy / Shutterstock

9月24日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、世界的歌手のビリー・アイリッシュがVTR出演。「Mステ」に出るたび視聴者から何かしらのイチャモンをつけられる彼女だが、今回も厳しい意見が相次いだ。

この日の番組では放送時間を拡大し、「最強恋うた2時間SP」と題した企画を放送。その中でビリーは元彼へのメッセージを込めた新曲『NDA』を披露した。こちはミステリアスさを全面に出した楽曲で、ビリーは不穏なバックミュージックに合わせて囁くような声で歌唱していく。

儚い歌声こそが彼女の魅力なのだが、今回のパフォーマンスでは聞き取れない場面も。ダウナーな立ち姿も相まって、どうしても気だるげな印象を受けてしまう。サビですら声量が変わらず、悪く言えば盛り上がりに欠けていた。

日本人は声量のある歌手が好み? 相次ぐブーイング

今回で3度目の登場となるビリーだが、彼女の良さがイマイチ視聴者には伝わっていなかった模様。ネット上には、

《前からそうだけどもっと声張れやぁ! ビリーアイリッシュはモネさんなの?》
《蚊の鳴くような声で草。聞く価値ない》
《ビリーアイリッシュ腹から声出せ》
《ビリーアイリッシュやる気なさすぎだろ。まぁそれが売りなんだけどね…》
《ビリーって声量ないのよ、あんまり好きじゃない》
《私はビリーの歌い方を揶揄するような感想が飛ぶのがちょっと悲しいので…》
《なんかあいみょんの海賊版みたいな人歌ってる。ちな声量から寝起きと推測》

などと酷評が相次いでいる。

「『Mステ』初登場時から《やる気あるのか》などと批判を集めていたビリー。しかし同番組は頑なに彼女を推したいようで、ラブソングをテーマにした企画の際には必ずと言っていいほど出演しています。同じくささやくような声が魅力の上白石萌音なども出演するたびに批判の声が寄せられているので、声量を抑えているアーティストが単純に視聴者の好みに合わない可能性もありますね」(芸能ライター)

一部では〝日本が舐められている〟などと憤慨する視聴者も…。世界的なアーティストだが、残念ながら日本人には受け入れられなかったようだ。

【あわせて読みたい】