木村拓哉の出演ニオわせ…『あざとくて何が悪いの?』に批判「録画したのに」

木村拓哉 

木村拓哉 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月25日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)が、視聴者を〝釣った〟と話題になっている。

同日のEPG(電子番組表)に躍っていたのは、「あざとくて何が悪いの? 木村拓哉の[秘]テク!! みちょぱ&ニコルvs人気イケメン俳優」との文字。番組名直後の概要に木村拓哉の名前を持ってきて、彼がこの放送のメインであるかのように謳っている。しかし、実際に木村は出演せず、放送されたのはみちょぱが体験した〝木村のイケメンエピソード〟の再現ドラマだった。

みちょぱいわく、木村の大ファンである母が番組観覧に訪れた際、なんと木村本人が収録前に楽屋へあいさつに来たそう。まさかのサプライズ訪問に饒舌だった母は震え、木村の「お母さま、よろしくお願いします」という言葉で虜になってしまったという。

さらに、木村は撮影中の映画で作ったマスクをみちょぱにプレゼント。木村が去った後、母が「本物のキムタクだよ、カッコ良すぎるでしょ!」と大興奮していると、木村はもう一度楽屋に現れ「はい、これママの分」と母の分まで手渡したのだという。この再現ドラマにスタジオは沸き、レギュラーの田中みな実は「これキュン死しちゃうよ!」と木村の神対応にもだえたのだった。

番組表の書き方で視聴者勘違い「キムタク出てくんのかと…」

番組ではこのようにして木村のエピソードが語られたのだが、番組概要のトップに名前が来ていたこともあってか、多くの視聴者は「木村本人が出演する」と思い込んでいたよう。ネット上には

《えっキムタク出てくる回なんかとおもってた笑》
《番組表見てて、キムタク出てくんのか思ったわ。コレが1番あざとい》
《キムタク出る? と思って録画してた》
《キムタクがあざとくて出たらスタジオ機能しなそう笑》
《本人出ると思ったら違ったけど面白いの聞けたからまぁええわ》

など、まんまと釣られたというコメントが広がった。

それだけ木村は〝数字を持っている〟ということだろう。

【あわせて読みたい】