信じがたい!板野友美の写真集が売れ行き好調

(C)まいじつ

『AKB48』元メンバーの板野友美の写真集『release』が売り上げ好調だという。同写真集は8月25日の発売日前に重版が決定し、さらに発売6日目の30日には《三刷り目の重版が決定》と報道された。

最近では、『乃木坂46』の白石麻衣の写真集が発行部数22万部を突破している。板野の写真集も、白石と同じく、発売前に重版が決定という状況は一致している。

「写真集の売り上げ部数や映画の入場者数、CDの販売枚数はあくまで制作元(主催者)発表です。たとえばある歌手のCDが100万枚売れたといえば、データ会社はそのまま情報を載せます。データ会社はその見返りとして宣伝費などをもらう。第三者機関による裏付けの数字という訳ではありません。実際に、出版業界では驚きの声が多く出ています。板野の写真集の販売部数を公表したデータ会社A社は、出版専門の調査会社というわけではなく、宣伝要素の強い数字を出しています」(出版評論家)

 

白石と板野では状況が違いすぎる

白石は、人気が上向いている乃木坂46のなかでも、グループを代表する存在であるため、写真集がヒットしても不思議ではない。しかし、板野はAKB48を卒業してからこれまで、当時ほどの人気をうかがえるような出来事もなかった。

「AKBの選抜総選挙でも4位が最高で、一度もトップ3に入ったことはありません。卒業後も目立った芸能活動はなく、今回の写真集発売に至っているため、どうしても発売直後からそんなに売れているとは思えないのです。3度目の重版といっても、極端な話では初版が100冊で、3回刷って合計300冊でも3刷り目にはなるのです。実数なんて当事者以外は絶対に分かりません」(写真集編集者)

板野は5月にシングル曲『#いいね!』を発売している。

「#いいね! のCDシングルは、多く見積もって1万枚前後の売れ行きだったそうです。昨今の音楽業界は不況で、CDが1万枚売れるアーティストは数えるほどです。AKB関連は握手券などの特典があるので買ってもらえているのでしょう。板野の写真集には露出の多い水着がありますが、ヌードが掲載されているわけではありません。予想は5万部がせいぜいで、10万部売れることはまずないはずです」(前出・編集者)

過大宣伝なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

「嵐」の内部崩壊が『24時間テレビ』で浮き彫りに

違約金を上回る!? 武井咲に「新たな仕事」殺到か

民進党・山尾志桜里議員に「文春砲」炸裂

コード・ブルー「ずさんな病院管理」に批判

草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由