吉岡里帆もドン引き! ゲームオタクの迷惑行為に中村倫也がガチ注意

吉岡里帆 

吉岡里帆 (C)まいじつ 

撮り鉄・アニオタと並ぶ〝三大害悪オタク〟の一角に数えられるゲームオタクが、一般人のみならず芸能人にも迷惑をかけているようだ。

今回の被害者は俳優の中村倫也。中村は9月25日に放送された舞台の宣伝番組『劇団☆新感線 最新作「狐晴明九尾狩」がいよいよ大阪に!』(朝日放送)で、オンラインゲームにハマっていることを明かした。

中村は「この何カ月かハマったゲームがありまして、それが銃を拾って殺し合うという。それをずっとやってますね」と実名は出さなかったが、FPSと思われるゲームにハマっていることを告白。きっかけは友人の勧めで、「少しでも多く弾を当てられるように、ということにハマりましたね」とその魅力を述べる。

自宅にいるときはほぼ遊んでいるそうで、「友だちとかとパーティー組んで遊ぶときもあれば、一人でフラッと入って全然知らないオンライン上の人とチームになって遊ぶこともあります」とプレースタイルを明かす中村。しかし、オンライン上のマッチングだと妙な人間にも当たってしまうようで、「全然知らない、お互いにコミュニケーション取れない、ボイスチャットも無ければという時に、『何でだよ!』って思うことをする人がいるわけですよ。たまに」と苦言を呈していく。

ボイスチャットで縮み上がるゲーマー…

「そうするとずっと文句言いたくなります。信じられない」と不満を漏らした中村は、続けて「何か分かんないけど、ずっと同じ仲間なのに、撃ってくるヤツがいるんですよ」と具体的な被害内容を暴露。これには隣にいた吉岡里帆も、「やだ…悪質ですね」とドン引きの表情を浮かべる。

しかし、こうしたイキリプレイヤーはネット弁慶であることが多いようだ。中村は続けて、「ボイスチャットをオンにして『なんすか?』って言うと大人しくなるんですね、大体そういう人」と明かし、少し注意すれば震え上がることも明かしたのだった。

「味方を撃つなど、はっきり言って迷惑行為で言語道断。しかし悲しいかな、こうした害悪プレイヤーが多いこともまた事実です。例えば、俳優の松坂桃李は8月のラジオで、『APEX』のキャラクター選択で仲間プレイヤーから『ぜってぇーレイスは使うなよ…(クチャクチャ)』とガムを噛みながらキャラ選択で威嚇されたことを告白。また、『下手くそな降り方』『早くカバーに来いよ』と高圧的にダメ出しされたとも語っています。『オードリー』の若林正恭も、8月のラジオで『自分以外の味方2人がボイスチャットで大喧嘩を始めた』とのエピソードを披露。なんでも、若林は喧嘩の仲裁に入ったそうですが、まったく取り合われなかったそうです。なぜネットゲーマーにはこうも民度の低い人間が多いのでしょうか…」(ゲームライター)

芸能人のトークだから耳に入ってくるだけで、一般人が遭遇した迷惑エピソードも含めると、ネトゲの世界では日常的にトラブルが起こっているのだろう。

【あわせて読みたい】