『乃木坂46』生田絵梨花の“黒歴史”が再び話題に「さすがに引く」

乃木坂46  生田絵梨花 (C)まいじつ 

アイドルグループ『乃木坂46』生田絵梨花の〝黒歴史〟が再び話題になっている。

生田は9月26日、グループの冠バラエティー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に出演。この日の番組では「期別対抗 料理クイーン決定戦」と題し、生田に加え、秋元真夏、高山一実の1期生チームと、鈴木絢音、北野日奈子、新内眞衣の2期生チームが「彼氏に作る初めての手料理」というテーマで対決した。

番組冒頭、『バナナマン』の2人から「料理モンスターと恐れられていた…」と紹介された生田。9年前の〝IH事件〟を掘り起こされると、生田は「あんな時代は終わりました」とコメントし、テキパキと料理の準備に着手した。そして、中盤で「鶏ガラで出汁をとりました」と器用にだし巻き卵を巻いていき、同時にニンジンとホウレン草の白和えを完成させた。この様子に日村勇紀も驚いたようで、「こんなの作れるようになったんだね。マジでいい奥さんになるよ」と称賛してみせた。