霜降り・粗品が“第7世代芸人”をディス! 名前があがった2組とは…

霜降り明星  粗品 

霜降り明星  粗品 (C)まいじつ 

9月26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、『マヂカルラブリー』野田クリスタル、『霜降り明星』粗品、ゆりやんレトリィバァが出演。この中で粗品が発した言葉がネット上で大きな話題になっている。

メジャーなお笑い賞レースで、2冠を達成した実力者たちが集まったこの回。お笑いについて3人が熱く語り合いながら、〝お笑い第7世代〟についての話へ。野田が「第7世代ってあんまり言われなくなったけど、言われなくなってどうなの?」と切り出すと、粗品は「気分はいいですね」と返答。さらに第7世代とくくられてきたことが嫌だったようで、「一緒にすんなってめっちゃ思ってたんですよ。第7世代のやつらと。俺は頑張ってるのにって…」と告白する。

しかし粗品と同様に「他のやつらと一緒にするな!」と言っていた第7世代芸人がいたらしく、粗品はこれについて「お前が言うな! お前は第7世代で良かったやろ」と思っていたそうだ。

『四千頭身』と『宮下草薙』のこと?

この話が広まるとネット上では、当然ながら〝犯人捜し〟が始まり、

《つまらんと思ってるのは宮下草薙、四千頭身とかか》
《四千頭身、宮下草薙あたりの事だろうな》
《宮下草薙とか四千も前と比べると見なくなった》
《霜降りが当初指してた第七ってコロチキとか蛙亭とかコウテイとか自分たちの仲間のことで、EXITとか四千等身とかと一緒にされたのが本人的には不満だったんだろう》
《四千頭身と宮下草薙かな。草薙と後藤のタレント性はいいが、ネタが壊滅的につまらん》

など、『四千頭身』と『宮下草薙』のことではないかと指摘する声が相次いでいる。

「実際に、この2組と『EXIT』はネタが壊滅的にダメで、お笑い賞レースではまったく爪痕を残せていない。完全にテレビタレントになっていますね。芸人界ではどんなにトークが不器用だろうとネタが面白ければ一目置かれるので、逆に『ハナコ』や『空気階段』、『かが屋』などは認められているはずです」(芸能記者)

数年すれば、おのずと答えが見えてくることだろう。

【あわせて読みたい】