『パプリカ』のFoorin活動終了!「たくさんの思い出をありがとう」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

9月27日に放送された特番『パプリカ「あしたにたねをまこう! LIVE」』(NHK)をもって、『Foorin』が活動を終了。ネット上で解散を惜しむ声が相次いでいる。

「Foorin」は、「NHK 2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングの歌唱のためにオーディションによって選出された5人の小中学生からなる混声ユニット。メインボーカル・もえの、ひゅうが、コーラスとダンス・たける、りりこ、ちせで構成されており、2018年から活動をスタートした。約3年間にわたり米津玄師が作詞作曲を手掛けた応援ソング『パプリカ』を歌唱しており、社会現象も巻き起こした人気のユニットだ。

解散するということで、番組では「応援ソングプロジェクト」を振り返ることに。社会現象にもなった「パプリカ」の制作秘話や、ミュージックビデオの裏側などが明かされた。「Foorin」のオーディション映像が流れた際には、どのメンバーも照れた表情を浮かべる。そして、たけるが「刺激的な毎日でした」とこれまでの活動を振り返るのだった。

人知れず人々を感動させていた『パプリカ』

「Foorin」の解散に対してネット上では、

《楽しい歌とダンス見れなくなるのは寂しい》
《子どもが大好きな曲でした。みんなお疲れ様でした。たくさんの思い出をありがとう》
《オリパラが1年延期になってしまって、声変わりとか想定外だっただろうけど、すごく頑張ってくれて、日本を明るくしてくれたと思います。お疲れ様でした。ありがとう》
《なんだか寂しいですね。良い曲だったし、メンバーの子どもたちも明るくてとても良い感じでした。良い大人になって下さい。皆さんの今後の活躍を応援しています》
《成長期の3年間、メンバーの成長も見守らせてもらえた気になりました。素敵な歌をありがとう、お疲れ様でした!》

などと解散を惜しむ声が多く見受けられた。

「もともと期間限定でなければ成立していなかった『Foorin』。五輪が延期などでゴタゴタしてしまったため、徐々に影の薄いグループになってしまっていました。NHKが華々しい引退を演出してくれたため、最後に彼らの存在を思い出した人も多いのではないでしょうか。『Foorin』のメンバーにとっても、良い思い出になったのは間違いありませんね」(音楽ライター)

フィナーレを迎えた「Foorin」。彼らは今後どのような道を歩むのか…。次のステージに期待したい。

【あわせて読みたい】