潮田玲子『はじめてのおつかい』出演に冷めた声「必死だな」「感動の押し売り」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

元バドミントン日本代表の潮田玲子が9月26日、自身のインスタグラムを更新。25日に放送された『はじめてのおつかい 秋の大冒険スペシャル2021』(日本テレビ系)への出演を振り返った。

潮田は《昨夜ははじめてのおつかいご覧くださった皆さんありがとうございました そしてたくさんのメッセージ本当にありがとうございます 子供達の頑張り、何より短時間での成長に驚かされました 親が思っている以上に子供達はちゃんとわかっていて何でもできるだなーと感じました》とあいさつ。

子どもたちが番組に出演することに葛藤があったことを明かし、《ついつい過保護になりがちですが、子供達を信じること、それが大切なんだと改めて学びました! 子供達はとっても自信がついた様子で挑戦して本当に良かった思います 関わってくださったスタッフの皆さんに心から感謝したいです! ありがとうございました》と感謝した。

潮田玲子が流した涙に賛否…

潮田は元Jリーガーで夫の増嶋竜也と2012年に結婚。同番組では、6歳の長男と4歳の長女が、増嶋が家に忘れたスパイクを届けるおつかいに挑戦し、最後に潮田が涙するシーンもあった。潮田の出演に、フォロワーからは

《素敵な家族ですね。放送見て泣いちゃいました。子どもの力ってスゴいですね!》
《感動しました。子どもの可能性に改めてビックリしました》
《番組ました~! 美玲ちゃんがバドミントン選手になりたいって言ってたの感動しました!》

などと、反響を呼んでいる。しかし一方で、同番組にはかねてから〝感動の押し売り〟を指摘する声が相次いでおり、潮田の涙に拒否反応を示す人もかなりいたようだ。実際には、

《この人、何が何でも芸能界にしがみつきたいって感じが透けて見える。とうとう自分の子どもまで出してくるとは必死だな…》
《この夫婦、テレビ界で生き残っていくために頑張っていますね。マジで感動の押し売りに感じる》
《潮田玲子グイグイ来るな~。東京五輪が終わって次は子どもですか》
《なぜ芸能人の子どもなのか? 普通のどこにでもいる家族、子どもだからよかったのにと思う》

などと非難轟々だ。

潮田は現在、『セント・フォース』に所属して芸能活動を続けているが、ほぼ開店休業状態だ。また夫の増嶋は今年1月からYouTubeチャンネルを開設し、家族勢揃いで動画に出演しているが、いまだチャンネル登録者数は3万人程度と伸び悩んでいる。

潮田はもともとあまり好感度が高くないだけに、「はじめてのおつかい」で見せた涙もあざとく見られてしまったようだ。

【あわせて読みたい】