『AKB48』オタクがNHKに激怒! 緊急ニュースより“推し”を優先か…

(C)Evgenyrychko / Shutterstock 

9月28日、『AKB48』のファンが、ネット上で批判の声をあげた。

発端となったのは、同日のNHKにおける番組編成だった。この日は午後7時57分から『うたコン』の生放送が入っており、歌唱ゲストには「AKB48」がラインナップ。最新曲『根も葉もRumor』を披露予定で、出演発表直後からファンは期待に胸を膨らませていた。

しかし、同日昼0時31分、NHK編成センターの公式ツイッターアカウントは、《【番組変更のお知らせ】》とツイート。さらに、《今夜の #総合 #ニュース7 はよる8:15まで延長して放送します。そのため #うたコン はお休みさせていただきます。楽しみにしていたみなさん、ごめんなさい》と、「うたコン」中止の告知と謝罪も行なったのだった。

この急な編成の理由となったのは、同日19時から開かれた菅義偉総理の記者会見。この日、9月いっぱいでの緊急事態宣言の全国解除が正式に決まったため、総理はこれを告げる会見を開いたのだった。

非常識な『AKB48』ファンたち…

公共放送というNHKの性格上、この政治的・社会的話題を生中継で報じるのは当然の措置だろう。しかし、推しの晴れ舞台が潰されたオタクは、この緊急決定に大激怒。ネット上には

《直前キャンセルなんてあり得ないとしか言えない》
《ふざけんなよ NHKなんて二度と出ないからな》
《許せん! 急遽変更した詫びとして2時間の特別枠で放送するなら許す!》
《記者会見とかYouTubeでやれや》
《どれだけの人が楽しみにしていることか… 公共放送局として当日変更の理由を説明すべき》
《生放送でスケジュール調整されて、皆さん忙しい中出演されるんです。軽い謝罪の仕方にイラッとしました。ニュースは緊急事態宣言の件ですよね? それなら数日前からわかっています》
《いきなり変更と言われても 視聴者を馬鹿にしてるんでしょうか 真面目に受信料払ってるのに》

などと怒りの声が吹き荒れ、編成アカウントに直接怒りをぶつける狂人も続出したのだった。

「新型コロナ情報は国民の生命・安全に関わる重要事項ですし、緊急事態宣言の全国解除は実に半年ぶりと、極めて大きな社会的できごと。また、退陣が決まっている菅総理にとって、これは総理として国民の前に立つ最後の会見です。いわば今回の会見は二重の意味で重要なのですが、これを邪魔者扱いして『推しが見たい』と怒り狂うなんて、『AKB』ファンの民度には呆れるばかりです」(政治記者)

アニメオタクといい鉄道オタクといい、なぜオタクは好きなものに没頭するあまり周囲が見えなくなってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】