「ナカイの窓」SMAP回想シーンに大きな反響

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月6日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、中居正広の『SMAP』時代の苦労を思い出させるシーンが放送され、ファンのあいだで大きな反響を呼んでいる。

この日は、ネットニュースに取り上げられた同番組の放送内容をランキング形式で紹介する内容だった。このなかで、中居が番組内で披露した3つの“名言”が紹介された。

《リーダーの第一条件として、不安を抱えている人じゃないとリーダーには不向き》、《最初は否定されないと新しいものはできない》という発言がVTRにテロップを添える形で紹介された際、中居は照れくさそうな顔を隠すことができない様子だった。

これらの“仕事論”は、『SMAP』を20年以上、リーダーとして支えた中居ならではの言葉ともいえる。ツイッター上では《ずっと中居くんは誰にも言わずに不安を抱えてきたよね》、《中居さん、マジで上司になって》などと中居を賞賛する投稿が多く見られた。

 

近藤春菜がSMAP時代の労をねぎらい号泣

さらに番組内では、中居や陣内智則ら番組レギュラー陣がロケでハワイを訪れた際に『ハリセンボン』の近藤春菜が中居をねぎらうシーンが再び放送され、大きな反響を呼んだ。

一行はハワイで夕食を取りながら談笑していたが、酒に酔った近藤は少しずつ「いままでどんだけ頑張ってきた? 中居さんは背負ってきたものが違う」と言いながら少しずつ涙顔になっていった。「どれだけ日本国民に(自分自身を)捧げてきた? きょう(ハワイロケのとき)ぐらいは好きなことしていいから」と泣きじゃくる近藤に中居や陣内智則は爆笑していたが、中居はまんざらでもない様子だった。

特にハワイロケで近藤が号泣したシーンに視聴者からは《爆笑するところなんだろうけど、何度見ても涙が出てくる》、《春菜ちゃん、ファンの気持ちを代弁してくれてありがとう》などと大きな反響が寄せられた。

SMAPの解散から半年以上が経ったが、当時の中居の行動を支持するファンは根強くいるようだ。

 

【あわせて読みたい】

違約金を上回る!? 武井咲に「新たな仕事」殺到か

民進党・山尾志桜里議員に「文春砲」炸裂

コード・ブルー「ずさんな病院管理」に批判

草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由

武井咲結婚も「芸能界引退」はできない理由