『Snow Man』目黒蓮の“水かけ”展示にファンもドン引き「気持ち悪すぎ」

Snow Man 

Snow Man 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月22日発売の男性向け健康雑誌『Tarzan』で表紙を務めた、アイドルグループ『Snow Man』の目黒蓮。それに伴い雑誌やCDを取り扱う『SHIBUYA TSUTAYA』で特設コーナーが設けられたが、展示された目黒のパネルに賛否の声が続出している。

設置された特設コーナーは雑誌を並べるだけでなく、上半身裸になった目黒の肉体美が輝かしい表紙を引き延ばした特大ポスターも展示。さらにその表紙にビニールを掛け、目黒の体に霧吹きで水を掛けるというコーナーも登場している。また同店のツイッターでは、《汗すらも美しい #目黒蓮 さん… それを体感していただけるように、霧吹きを用意してみました… 手指を消毒の上、ぜひお楽しみください 笑》と動画付きでPRしていた。

目黒の上半身に水を掛けるという演出に、一部のファンたちは感動。ネット上では、

《どの写真もめっちゃカッコいい! さっそくシブツタで上裸に水をかけてきました!》
《若干「マジかwww」とも思ったけど発想力満点!》
《発想的にはジャニーさんバリの天才》
《遊び心があって良かった(笑)》

といった歓喜の声が続出している。

性的な印象を植え付けることに…?

しかし今回の特殊なコーナーは、炎上してしまうことに。やはり裸体に水を掛ける演出が物議を醸しているようで、

《今回のめめ表紙に霧吹き。さすがに意味不明で気持ち悪すぎた》
《めめの展示、企業としてもありえないし、めめにもTarzanにも失礼過ぎるよ…》
《シブツタの性癖曲がりすぎててびっくりした。自軍であんなことされたらちょっと無理》
《Tarzanの展示のやつ、私は無理だったな。Tarzanってそういう雑誌じゃないし、普段の購買層からも反感買いそう。それにスノ担があぁいうので喜ぶって思われてんのも不愉快》

などと多くの反感を買っている。

「やはり批判が続出したため、同店のツイッターアカウントは9月23日に謝罪文を投稿しています。『不適切な展開表現のお詫び』という見出しで、《多くのお客様に、不愉快な思いをさせてしまったことを、深くお詫び申し上げます》とツイート。《性的な表現を意図したものではございません》とも書かれていましたが、新しい試みとはいえ〝裸体に水〟は限りなくアウトに近かったようですね」(芸能ライター)

ファン以外からの批判であればスルーしても問題なさそうだが、肝心のファンたちからのクレームは避けられない。しばらくは斬新なアイディアは避けるべきなのだろう。

【あわせて読みたい】