『鬼滅の刃』2期でLiSAがクビになった理由とは…? 今週の芸能ニュースTOP10

LiSA 

LiSA 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(9/30配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 『鬼滅の刃』2期でLiSAが外された理由とは…ネット上で飛び交う憶測 198pt.

『鬼滅の刃』2期でLiSAが外された理由とは…ネット上で飛び交う憶測

2位 『有吉ゼミ』ギャル曽根“大食い企画”はヤラセ?「また忖度」「相変わらず…」 144pt.

『有吉ゼミ』ギャル曽根“大食い企画”はヤラセ?「また忖度」「相変わらず…」

3位 『占ってもいいですか?』は打ち切るべき!? 適当占いにムロツヨシも怒り 135pt.

『占ってもいいですか?』は打ち切るべき!? 適当占いにムロツヨシも怒り

4位 『ZIP』吉田沙保里に非情なクビ宣告!「酷くない?」「やはり五輪まで…」 127pt.

『ZIP』吉田沙保里に非情なクビ宣告!「酷くない?」「やはり五輪まで…」

5位 『99人の壁』アニメのネタバレにオタク激怒!「最低行為」「マジでやめろ」 105pt.

『99人の壁』アニメのネタバレにオタク激怒!「最低行為」「マジでやめろ」

6位 『イッテQ』金子貴俊が失言「ネタにするものではない」「社会的にもダメ」 98pt.

『イッテQ』金子貴俊が失言「ネタにするものではない」「社会的にもダメ」

7位 『Mステ』Snow Manが大炎上! キンプリファンからも苦言「見る気失せた」 63pt.

『Mステ』Snow Manが大炎上! キンプリファンからも苦言「見る気失せた」

8位 『オードリー』若林正恭が人気映画ディス!「正に真理」「正恭節炸裂」 53pt.

『オードリー』若林正恭が人気映画ディス!「正に真理」「正恭節炸裂」

9位 『東海オンエア』の婚約報道にファン大荒れ「耐えられない」「しんどすぎ」 41pt.

『東海オンエア』の婚約報道にファン大荒れ「耐えられない」「しんどすぎ」

10位 『帰れマンデー』ヤラセ疑惑? サイコロに細工か…「インチキかもしれない」 36pt.

『帰れマンデー』ヤラセ疑惑? サイコロに細工か…「インチキかもしれない」

『有吉ゼミ』のギャル曽根“大食い企画”はヤラセ?

今週もっとも話題になったのは、国民的歌手・LiSAにまつわる話題です。

LiSAといえば、アニメ『鬼滅の刃』1期の主題歌『紅蓮華』や『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の『炎』で一躍名を轟かせた歌手。しかし先日、アニメ『鬼滅の刃』2期〝遊郭編〟の主題歌を、Aimer(エメ)が担当すると発表されました。

この発表にファンからは、納得できないという声が…。ネット上には憶測が飛び交っており、

《単純にイメージ変えるためだろ。LiSA色が強すぎるし》
《もともと別の歌手にするつもりだったとしても、旦那のせいにされるという地獄》
《遊郭が不倫を連想するから?》
《LiSAもAimerもレーベルがSONYなんですよね。鬼滅の主題歌の生殺与奪の権はSONYが持ってます。なので売り出したいアーティストがいれば…》

などの声が飛び交っている。

「一部ではLiSAの夫である鈴木達央が〝自宅連れ込み不倫〟をしたことが原因などと囁かれていますが、それよりもレーベルの『SONY』が大きく関係している可能性が。AimerとLiSAは同じソニー・ミュージックレーベルズの『SACRA MUSIC』に所属しており、ここには多くのアニソン歌手が所属しています。すでにLiSAは『紅蓮華』『炎』という人気楽曲を持っているため、次はAimerにも同じように代表曲を持たせたいのではないでしょうか」(芸能ライター)

過去の「アニソン歌手と呼ばれたくない」発言が関係しているという声もありますが、10月10日から始まるテレビアニメ版〝無限列車編〟のオープニングとエンディングは彼女が担当することが決まっています。果たして真相やいかに…。

続いては、大食いタレントのギャル曽根にまつわる話題です。彼女は9月27日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、大食い企画に挑戦しました。

この日、ゲストには東京五輪柔道金メダリストのウルフ・アロン選手が登場。新橋のビストロカフェを舞台に、総重量3.4キロ超の〝爆盛り岡山鬼ヶ島プレート〟の完食を目指すことに。

ギャル曽根は、開始10分で1.2キロを爆食。対するウルフ選手も1.3キロをたいらげ、ギャル曽根に若干の差をつけます。その後も2人の激しいバトルは続き、開始38分経ってもギャル曽根が2.8キロ、ウルフ選手が2.9キロと一歩リード。しかし残り5分のところでギャル曽根が唐突に勢いを増し、そのまま一気に完食。ウルフ選手は残すところ数百グラム程度で負けてしまいましたが、特にペースを乱すことなく最後まで食べきりました。

相変わらず強いギャル曽根でしたが、視聴者の目にはウルフ選手が〝ワザと減速〟したようにも見えた様子。ネット上では、

《またギャル曽根に忖度か…》
《ウルフ・アロン、余裕で勝ちでしょ! テレビ的にギャル曽根を立てたのがミエミエ》
《ギャル曽根が絶対勝たないといけないって流れはもういいよ。どう見たってウルフさん一気にいけたはず》
《ギャル曽根さん、食べ切れば満点なんだからムキにならなくても》
《ウルフ・アロンが絶対勝っていた。相変わらずのヤラセ番組! いい加減、負けを認めろ!》

などのブーイングが起こっていました。

ゲストが必死に大盛りグルメを食べ進めていく姿だけで、撮れ高は十分だと思いますが、番組がギャル曽根に執着する理由は、いったい何なのでしょう…。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】