長谷川京子の離婚を予言? おぎやはぎ・矢作「あの顔になると離婚」が現実に…

おぎやはぎ 

おぎやはぎ (C)まいじつ 

俳優の長谷川京子が、人気バンド『ポルノグラフィティ』のギタリスト・新藤晴一と別居。結婚13年目で離婚を決意したと報道されている。これにより、年末の人気番組が密かに盛り上がりを見せている。

9月30日付の『NEWSポストセブン』によると、長谷川は9月の日曜日、娘とともに知人宅を訪問。用事を終えて帰宅すると思いきや、娘は父と兄が待つ自宅に戻り、長谷川は1人で都内の高級マンションに向かったという。子どもたちは平日は新藤、週末は長谷川が面倒を見ているといい、長谷川と新藤はほとんどコミュニケーションを取らない生活を続けているようだ。

この報道に反応したのが、お笑いコンビ『おぎやはぎ』。9月30日放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で矢作兼は、毎年恒例の年末特番『クイズ正解は一年後』(TBS系)にて、2021年に起こる芸能ニュースとして、長谷川の離婚を予想していたと明かした。

矢作兼「あの顔になってくるとだいたい離婚」

「『クイズ正解は一年後』は、年始に番組の収録を行って、その年に起こりそうなことを予想。年末にその時の収録を振り返って、答え合わせをする1年がかりの特番です。MCは『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳で、『おぎやはぎ』や有吉弘行、『FUJIWARA』などが出演しているとてつもないゲス番組です」(芸能記者)

ちなみに、2020年12月30日に放送された『クイズ正解は一年後』では、矢作が〝あの顔になってくるとだいたい離婚〟と長谷川の整形疑惑を指摘しながら、2020年内の離婚を予想していたが外れていた。今回こそは正解となるのだろうか。年末には芸能ニュースが騒がしくなるだけに、今後の展開に注目だ。

【あわせて読みたい】