47歳・川本真琴“彼氏できた報告”に「中高生じゃあるまいし…」

(C)Khosro / Shutterstock 

シンガー・ソングライターの川本真琴が9月30日、自身のツイッターを更新。新しい彼氏ができたと報告したが、ネット上ではドン引き声が続出している。

川本は《いろんな展開あり、彼氏ができました 皆様にはいつも心配かけてしまっているので、たまにはよい報告もしてみました。大切にします。いま、落ち込んでいる人、悲しい思いをしている人、大変な状況の方々がいると思います。少しでも自分が楽しい!と思える方を選んでいってね。ハピシェア》とご機嫌ツイート。幸せオーラを全開にしている。

川本は28日に《また振られちゃった。好きだったのは自分だけだったみたい》《そんなふうには思えなかったんだけどな。だけど、なんか不安だった。なんでかはっきりわからないし、それ以上は聞けなかった。でも、はっきり聞いたの。嘘みたいな人間関係はいやだし。彼には好きな人が他にいたの》とツイート(現在は削除済み)し、失恋したことを明かしていた。

川本真琴の“彼氏報告”に呆れ声

舌の根も乾かぬうちに新恋人が誕生したことで、ネット上では

《いい年してなんかすごくかまってちゃんだね。多分、彼氏もイタい人なんだろうな》
《失礼ながら相手は誰でもいいのでは? 中高生じゃあるまいし、なんでいちいち報告するんだろう》
《47歳で「彼氏できました」ってわざわざSNSで…。なかなかヤバそうな人ですね。ちょっと怖いです》
《もういちいち公表せずに、結婚の時だけ知らせた方がファンと本人、お互いの為だと思いますよ》
《純愛の曲で売れた人だけに悲壮感が。イタい、ひたすらイタすぎる…》

などと、呆れる声が殺到している。

「川本は1997年6月に発売した1stアルバム『川本真琴』がミリオンセラーとなり、一躍人気シンガーソングライターの仲間入りを果たしました。しかしその後、過密スケジュールで体調を崩し、長期休養することに。復帰後はすっかりイメージが変わってしまい、多くのファンが去ってしまいましたね。復帰ライブで観客が誰もアンコールをしないという異常事態に、慌てて本人が飛び出てきて歌ったのは衝撃的なシーンでした。最近はツイッターで迷走しているようで、とても47歳の女性とは思えないツイートが物議を醸しています。せめて結婚報告ならファンも大喜びすると思うのですが…」(音楽誌ライター)

ここ3年は新しいアルバムの発売もなく、話題になるのは迷走ツイートばかり。このままではさらなるファン離れを招くのは仕方ないのかもしれない。

【あわせて読みたい】